読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is colourful.

Inspire yourself

English Grammar in Useシリーズの選び方と詳しい説明(eBook、レベルなど)

英語 English Grammar in Use

English Grammar in Use(イングリッシュグラマーインユーズ)は英語学習最強の参考書である。これは僕個人の感想ではなく、世界中でそういう評価を受けている。

この本で学べば、学校で習った「使えない英語」から脱却して、海外でも通じる「使える英語」の習得が可能だ。あなたが英語の習得に真剣であればあるほどその期待に答えてくれる。

 

English Grammar in Useの良さを一言でいうなら、本のタイトル通り「使える英文法」が身につくことにある

English Grammar in Useでは、ネイティブが普段会話で話している時の細かいニュアンスや似たような表現の使い分け方などが詳しく解説されているので、すごく実践的である。またその説明もわかりやすい。英語を真剣に習得したいと思っている人には、是非とも手にとっていただきたい、本当におすすめの1冊である。

 

先日、別の記事でも本書を紹介したところ、予想を遥かに超えた反響をいただいた。この本に興味を持ち、まずそのクオリティの高さ、評価の高さを知りたいという人は、下のエントリーが参考になると思うので、見ていただきたい。(第三者的評価が知りたい人は、Amazonレビュー評価をどうぞ)

 

 

【目次】

 

一番のおすすめは「青い本」

English Grammar in Use(イングリッシュグラマーインユース)シリーズは種類が多く、選ぶのに困る。「選ぶのが面倒」という人に1冊おすすめするなら、こちらの青い本。

 

 

 

イギリス英語版のEnglish Grammar in Use。学習レベルは中級レベル。中学レベルの英語が読解できる人ならば、これで間違いない。

 

 

English Grammar in Useシリーズの種類と選び方

じっくりと検討してから選びたい人は、以下にGrammar in Useシリーズ各書の内容や特徴、それぞれの比較などについて詳しく書いておくので参考にしてもらいたい。

 

※ まずはじめに(選び方をシンプルにするために)

Grammar in Useシリーズは、種類が多い。選ぶ側は混乱する。

種類が多いのは、問題の解答なし版や古いエディションなど、一般の学習者には必要ないバージョンが混在しているためである。あえて、これらの購入を検討する必要はない。

全てを書き出すと表記が複雑になり読者の混乱を招きかねないので、この記事では紹介しない。以下に挙げる3つのポイントだけ考慮すれば、あなたにとって最適な1冊が見つかるハズである。 

 

1.イギリス英語かアメリカ英語か

English Grammar in Useシリーズには、大きくわけてイギリス英語版とアメリカ英語版がある。Cambridge University Press(ケンブリッジ大学出版)なので、イギリス英語版が本家である。クオリティの高さはどちらも同じで、イギリス英語圏、アメリカ英語圏ともにベストセラーである。(というか世界中でベストセラー。)

 

正直どちらでもよいのだが、イギリス英語版の方が3段階のレベル分けがあり、またeBook版とCD版の選択肢があるので、強いこだわりがなければイギリス英語版で問題ないだろう。

あえて細かい点でいえば、スペルの違う単語があったり、CDやeBookで流れる音声の発音がイギリス英語かアメリカ訛りが入るかという違いがある。ただこれらは、日本人が英文法を学習する上でなんの支障もきたさないだろう。

イギリス英語版:English Grammar in Use

アメリカ英語版:Grammar in Use Intermediate

 

2.学習レベル別の選択

イギリス英語版は、自分の英語力に応じて、初級(赤)中級(青)上級(緑)の3段階から選ぶことができる。自分の実力のちょい上くらいが学習には最適だ。 

これに対し、アメリカ英語版は初級と中級の2種類だけである。

 

上でも述べた通り、どれか1つをオススメするとすればイギリス英語版の中級がいい。最もバランスがとれている。しかし、英語で英語を学ぶことになるので、英語の解説を読んで理解できる程度の英語力は必要である。解説の文章は、わかりやすく書かれているのでそれほど難しくはないのだけれど、もし自信がなければ初級から入るのがいいだろう。

 

上級はかなり難しいので、そうとう英語力に自信のある人だけにおすすめする。無理をして上級からはじめてもわからない箇所が多すぎると挫折するので、できれば中級から入るのがいい。

初級

中級

上級

 

3.CDかeBookか

イギリス英語版だけCD付か、eBook付を選ぶことができる。アメリカ英語版はCD付のみである。

CD付版を購入すると、本にCD-ROMが付属している。そのCD-ROMからPCにEnglish Grammar in Useの学習ソフトをインストールして本書の内容を復習&演習できる。テキストと並行して、このソフトを使えば学習をより効果的にすすめることができる。

eBook付版では、本書の内容を全て収録したコンテンツをオンラインまたは電子書籍としてダウンロード(タブレットに)して音声付きで学習することができる。eBookのコンテンツの見た目はこのような感じである。

 

f:id:mtasam:20160618151943j:plain

(画像出典:Cambridge University Press

 

このeBookのコンテンツは個別でも購入できるのだが、書籍を購入すれば付属してくるのだから、これ単品での購入はあまりメリットがないだろう。

CD付版

eBook付版

 

 

以上の3点を考慮しEnglish Grammar in Useを選ぼう。

以降にGrammar in Useの全種類を列挙しておく。自分の学習レベルと学習スタイルの好みに合わせて項目を選べば、あなたの希望や英語レベルにあった一冊に辿り着く。

 

 

イギリス英語版 

以下に各エディションへのリンクを掲載しておく、各画像をクリックすればAmazonで詳細な評価などが確認できる。

なお、学生の人は「Amazon Student」を利用すれば、10%ポイント還元で以下の書籍全て購入できる。Amazon Studentは6ヶ月の無料お試し期間があり、音楽や映画が見放題になる学生向けのオトクなサービス。

おすすめ6ヶ月無料のAmazon Studentを見てみる

楽天で購入したい場合は、こちらの記事にまとめてあるので参考にしてほしい。

関連【楽天市場編】Grammar in Useシリーズの選び方ガイド

ただし、楽天市場・ブックスだとEnglish Grammar in Useシリーズの品揃えが少ないので気をつけよう。

初級(CD付版)

 

 

初級(eBook付版)

 

 

 

中級(CD付版)

 

 

中級(eBook付版)

 

 

 

上級(CD付版)

 

 

上級(eBook付版)

 

 

 

アメリカ英語版

関連【楽天市場編】Grammar in Useシリーズの選び方ガイド

初級(CD付)

 

 

 

中級(CD付)

 

 

日本語(和訳)版

English Grammar in Useの和訳版も出版されている。本家英語版のエッセンスがうまく訳されているかはわからないので、クオリティの保証はできないが、いちおうあげておく。