Life is colourful.

Inspire yourself

初心者が受講!テックアカデミーのリアルな評判・口コミ【Webデザインコース】

テックアカデミー(TechAcademy)Webデザインコース

つい最近、完全初心者の友人がテックアカデミー(TechAcademy)のWebデザインコースを受講したので、口コミ・レビューを本音で書いてもらいました。テックアカデミーの受講を考えている人は参考になるかもしれません。

テックアカデミーのWebデザインコース(4週間)を受講しました!初心者の私にとってはかなり大変な内容で、最終課題の提出も少しズレ込んでしまいましたが、なんとか全カリキュラムを終了しました。

コースの中身やテックアカデミーの雰囲気などをリアルにお伝えしていきます。

テックアカデミーは、無料動画、無料相談、無料体験が用意されているので、受講前にお試しすることをおすすめします。

 

 

テックアカデミー受講前のスペック

テックアカデミーを受講する前の私は、全くの初心者で、Webデザインもプログラミングの経験もゼロ。

HTML/CSS、フォトショップ(Photoshop)はもちろん、その他Webデザインに必要な知識・スキルは全くありませんでしたのでベースは皆無です。

ただ、普段からブログを書いたりしているので、最低限パソコンの知識はありました。キーボードが打てないレベルではありません。

あとで詳しく述べますが、テックアカデミーは厳しいです。初心者でも問題ありませんが、やる気のない人は挫折しますので、モチベーションだけは強く持って受講した方がいいでしょう。

 

 

テックアカデミーを受講した成果と評価

テックアカデミーWebデザインの課題

テックアカデミーWebデザインの課題

まずは、結論(成果と評価)から書いておきます。

受講した結果、何ができるようになったか?

全くの初心者の私が4週間で、最終的には一人でゼロからホームページを制作することができるようになりました。

もう少し具体的に書くと、以下のような感じです。

  • Webサイトのヒアリングから企画・設計
  • HTML/CSSによるWebサイト構築(マークアップ)
  • PhotoshopによるWebデザイン
  • GitHub、Cacoo、Sass等の制作ツールの使用
  • Webサーバー管理(アップロード、保守など)

テックアカデミーには8週間コースもあるのですが、私は4週間コースを選択したので、かなり詰め込みになりましたが、とても濃密で効果的な学習時間でした。

テックアカデミーに対するリアルな感想と評価

テックアカデミー受講の感想を一言でまとめると、

「しんどかったけど受講してよかった」

になります。

具体的な評価を書くと、以下のような感じです。

  • テックアカデミーのコース内容は実践的で本格的
  • テキストは体系的に作成されている
  • ボリュームが多いので1つ1つ理解していかないと行き詰まる
  • きちんと消化できれば確かなスキルが身につく

ネットの口コミを見ると、テックアカデミーの悪い評判が目立ちます。私も始める前にネットで評判をチェックしましたが、「結構、評判悪いなー」という印象でした。

ただ受講してわかったのは、上で書いた通り、結構コース内容が本格的でボリュームがあるので、受け身で受講している人やモチベーションが低い人にとっては「本当につらいオンラインスクール」にもなり得ます。

一部の悪評は、おそらくはカリキュラムについていけず途中で挫折してしまった人達が発信したものかなとも感じます。

私も途中すごくしんどかった時期もあったので、こういう心理も理解できます。

 

 

Webデザインコースの内容

テックアカデミーWebデザインコース

テックアカデミーWebデザインコース

テックアカデミーのテキスト・カリキュラムは「受講生が卒業後すぐに案件を受注しても困らない」ように工夫されています。

Webデザインの基礎・理論だけでなく、転職後にチーム開発をする場合に使用するGitHubやGyazo、Slack、Cloud9といった実践的なツールを使いながら講座が進んでいくので、現場で活かせるスキルが養えます。

さらに詳しくは以下のページをチェックしてください。

学べるスキル・ツール

私がTechAcademyで習ったスキルは以下の通りです。もちろん完璧とはいいませんが、一通り不自由なく使える程度までにはなりました。

  1. HTML5/CSS3
  2. Cloud9
  3. GitHub
  4. Photoshop
  5. Cacoo
  6. Sass/Compass
  7. Google Chromeデベロッパーツール
  8. デザインの基礎(レイアウト・配色など)

もう少し欲をいえば、JavaScript(jQuery)もWeb開発にはかかせない技術なので、より詳しく習いたかったなという印象です。

JavaScriptをガッツリやりたい人は「フロントエンドコース」を受講すると良いでしょう。

テキストの内容とクオリティ

TechAcademyのテキスト(教材)は、現役Webデザイナー・プログラマーが監修した質の高い内容になっています。

市販書籍と同程度の分量があります。 私が受講したWebデザインコースの場合は、1レッスンの平均文字数が1万5千文字程度、これが11レッスンと超膨大です。

テキストの質は書籍以上で、テックアカデミーのテキスト内の情報は常に更新されているので、受講生は最新の知識で勉強することができます。これはWeb技術を学ぶ上ですごく重要なことです。

 

 

テックアカデミーの特長

テックアカデミーの講座の特長を5つほど挙げておきます。

充実かつ厳しいカリキュラム

Webデザインコース学習スケジュール

Webデザインコース学習スケジュール

TechAcademyのWebデザインコースは4週間、8週間、12週間、16週間プランを選べるのですが、どのプランでも学習ボリュームは同じなので、4週間プランの人は大変です。かなりまとまった学習時間が必要です。

1週間40時間、4週間で160時間のカリキュラムが組まれています…

特に私のように初心者の人は要注意です。講義のクオリティは確かなので1ステップ1ステップ着実に消化して進めていける時間があればOKですが、学習時間が確保できずついていけなくなって、やむなく挫折というケースもありえます。

現役Webデザイナー・プログラマーの講師

現役Webデザイナーによる指導

現役Webデザイナーによる指導

受講生一人一人につく専属担当者(メンター)は、Webの世界で現役で活躍している人たちです。

クラウドソーシングサイトで『プロ』とされているメンターや、「超有名通販サイトを実装しています」といったWeb業界で有名な方々も講師として参加しています。

実践経験豊富な人がメンターだから、安心して質問できます。

実践的なコース内容

上でも述べましたが、テックアカデミーのカリキュラムは実践的です。Web業界の現場で使われている技術、ツールを現役のプログラマー、Webデザイナーが教えてくれます。

ここが独学の場合と大きな差が出るところかもしれません。Web業界を知らない初心者にとっては、何が最新技術でどんなスキルが現場で使われているか知る術がありませんので、とても役立ちます。

チャットでいつでも質問できる

TechAcademyでは、受講期間中に生じた疑問にメンターがチャットで答えてくれるシステムがあります。

チャット質問は毎日15時〜23時まで利用し放題。この時間帯以外でもチャット内に質問を投げることはできますが、回答は時間がきてからになります。

チャット質問に答えてくれるメンターは、3人から4人です。対応時間内に質問を送れば、2分以内に回答がつきます。

TechAcademyチャットサポート

すぐに回答がもらえるチャットサポート

コードそのものを教えてくれるのではなく、「こういう考え方で取り組んでみてください」といったアドバイスやヒントがメインで、参考になりそうなサイトや動画のリンクが送られてくることもあります。

一度質問してわからなければ、何度聞いても大丈夫ですが、質問は自分で調べてからするのが原則です。

メンタリングで就職相談、業界の話もきける

テックアカデミーでは、1回30分のメンタリングが週に2回あります。

メンタリングとはメンター(担当者)との面談のこと。ビデオ通話アプリを利用し、画面共有機能を使いながら、「今、つまづいているところ」や「プログラミング学習のアドバイス」「今後のスケジューリングについて」などをメンターと話し合います。

 

 

テックアカデミーに向いている人

テックアカデミーに向いていると感じる人はこんな人です。

  • WebデザイナーになってWebデザインで仕事したい人
  • Webデザインを体系的に学びたい人
  • 現役のプロにアドバイスして欲しい人
  • 受講中は学習に集中できる人
  • 受講期間中から転職サポートを受けたい人

TechAcademyを受講して切に感じたのが、「このスクールは本気の人向けだ」ということ。なので、「プログラミングでこれがやりたい」という思いのある人や、「本気で転職目指してます」という、真剣度の高い人に向いています。

受講中は、プログラミング学習に時間を取られるので、テックアカデミーが指定する学習時間をしっかり時間を確保できる人であることも大前提です。

テックアカデミーに向いていない人

TechAcademyに向いていない人は、上記の逆の人。ズバリ「真剣度の低い人」です。

スクール受講を検討しているのだから真剣じゃない人も少ないと思いますが、「何かの役に立つかもしれないからWebデザインちょっとやってみよっ」ぐらいの気持ちの人は苦労する可能性が高いです。

また、まとまった時間が取れない人は短期プランは向いていません。片手間でWebデザインを勉強しようかなぐらいの人は、ほぼ確実についていきません。

 

 

テックアカデミー のおすすめコースと選び方

「ITエンジニアになりたい!プログラマーになりたい!」といっても、プログラミング言語はたくさんあり、身につける言語によってできること、なれる職種が異なります。

また、テックアカデミーを受講するにもコースがたくさんあり、初心者には何がどう違い、どれが自分に最適かわかりません。

なので簡単に、テックアカデミーのコース選びをガイドしておきます。

よくわからないからおすすめのコースを教えて欲しい

イチオシは「フロントエンドコース」。フロントエンドエンジニアは需要が高く、Webサイトで言えば、ユーザーに見える機能を開発したり、ユーザビリティ(使い勝手)を改善するプログラマーのことです。将来性抜群です。

フロントエンドコース

とにかくWebデザイナーになりたい

とにかくWebデザインがしたい!と言う人は「Webデザインコース」がおすすめです。未経験者でも大丈夫です。デザインとプログラミング両方ができればWeb業界では重宝されます。

Webデザインコース
フロントエンドコース

AI、機械学習関連のエンジニアになりたい

AI(人工知能)はITの未来を担う最先端技術で未来がとても明るい分野です。最先端技術のエンジニアを目指すならAI、機械学習関連がおすすめです。

しかし、全くのIT初心者がAI分野からスタートするのはちょっとハードルが高いかもしれません。

AI・機械学習コース
Python機械学習コース

WordPressでWebサイト制作したい

WebデザイナーならWordPressは基本スキル。初心者にもおすすめ。WordPressとは、Webサイトを簡単につくるためのツール(CMS)で、今や個人・企業のWeb制作に必須の技術といっても過言ではないです。

WordPressコース

スマホのアプリ開発をしたい人

UI・UXデザインとは、要するにWebサイトの見た目のデザイン、使い勝手を設計することです。「アプリUI・UXデザインコース」は、アプリのデザインをしたい人に最適です。

アプリUI/UXデザインコース

とにかくIT就職!確実にエンジニア就職したい

「とにかくITエンジニアとして就職したい!」という人は、この「エンジニア転職保証コース」に身を委ねれば良いと思います。プログラミング未経験でも大丈夫です。

12週間でJava言語をみっちり学べますし、何かしらの形でIT業界に入れるように強くサポートしてくれます。

エンジニア転職保証コース

 

 

他のWebデザインスクールはどうなの?

テックアカデミー以外にもWebデザインを学べる学校はたくさんあります。各スクール特徴がありますので、自分の予算や条件、学習スタイル(通学/オンライン)にあった場所を選ぶといいでしょう

おすすめのWebデザインスクールは以下の通りです。

各スクールの特長やオススメの理由など詳細を知りたい人は、以下も参考にどうぞ!

関連ページスクール経験者の僕が選ぶおすすめのWebデザインスクール・専門学校

 

私のテックアカデミーの体験談はこちらでも書いています。
体験談テックアカデミーの評判を受講生が全部話します!本気じゃないと最悪かも!?