Life is colourful.

Inspire yourself

実際に買って2年目更新!デジタルハリウッドAdobeの評判・購入手続き

f:id:mtasam:20190614120913j:plain

デジハリAdobe通信講座

【重要】4/27 Adobe CC値上げ!

2022年4月27日、Adobe 商品が値上げされました。
今後、adobe学生版やここで紹介している提携スクールの特別割引版も、値上げの影響を受ける可能性は大いにあります。(実際2019年には、公式の値上げ後すぐ約10,000円の値上げがありました。)今の格安料金でいつまでAdobeアプリを購入できるか、保証はありませんので要注意です。

月額6,248円 ⇒ 6,480円(年額77,760円・税込)

 

デジタルハリウッドでAdobe CC(アドビ・クリエイティブ・クラウド)を安く購入できるので、実際に買ってみました。前回は違うところで買ったのですが、今回は「デジハリAdobe」を利用して2年目の更新です。

デジハリでは誰でも、Adobe CC1年ライセンスを39,980円と激安で購入可能です。

特別価格!Adobe CC最安39,980円

「デジハリAdobe」は、デジタルハリウッドのオンライン講座「Adobeマスター講座」を受講することによって、Adobe CC(1年ライセンス)が付属するという商品です。(ちなみに、「デジタルハリウッド」は、業界では有名な大手のIT・Webスクールで、通称デジハリ。)

デジハリAdobeキャンペーン・クーポン情報

 

Adobe CCはAdobe公式で買うと月額6,480円、年額72,336円(税込)。
これが、デジハリの「Adobeマスター講座」だと、約半額の年間39,980円(月額3,331円)で安く買うことができます。

 

Adobeマスター講座の概要・特長は下記の通り。

デジハリAdobe CCの概要

  • Adobe CC最安価格:39,980円/年 (税込)
  • 誰でも購入可能(社会人含め)
  • Adobe正規品
  • 商用利用可(仕事で使ってOK)
  • Adobeソフトの基礎講座付き
  • 最短10分!即日利用可

公式サイトから購入できます。

特別価格!Adobe CC最安39,980円

  

ここでは、以下の内容をまとめています。

  • デジハリAdobeマスター講座は2年目更新できる?
  • デジハリでAdobe CCを購入する手順
  • 2年目以降の更新方法
  • 講座の内容
  • Adobeマスター講座の評判・口コミ

はじめての方の参考となるように簡単に詳しく解説しています。

 

 

デジハリ「Adobeマスター講座」で2年目の更新はできる?

結論から言うと、2年目も使えます。もちろんそれ以降も。

他から乗り換えの2年目でも、デジハリadobeの2年目更新でも、どちらもOKです。

デジハリAdobeは2年目に近づくと通知がくる

Adobeマスター講座を使って2年目に近づくと、デジハリオンライン事務局から「今年もお得にAdobe CCを利用しませんか?」という更新の案内メールがきます。

デジハリAdobeマスター講座2年目更新の通知


更新のタイミングは、現在のプランが終了する1週間前がいいでしょう。

デジハリで申し込めば、その日のうちに新しいライセンスコードが送られてきますし、1週間早めに取得しておいても消費されることはありません。

特別価格!Adobe CC最安39,980円

 

 

Adobeマスター講座(デジハリAdobe)の特長・メリット・評判

デジハリのAdobeは安いのはもちろんですが、「当日即納」が最大のメリットでしょう。

僕もつい先日購入しましたが、実際に評判通り、即日メールが届きライセンス更新できました。

即納!Adobe CCをデジハリで購入するメリット

デジハリでAdobeCCを購入するメリットをまとめると以下の通りです。

  1. AdobeCCが一番安い
  2. 納品速度がどこよりも速い!最短10分
  3. 2年目以降も繰り返し利用可能
  4. デジハリ生専用のオンラインストア利用可能。モリサワフォントやハードウェアも安くなる!(他にはない)
  5. デジハリはAdobeのプラチナパートナーとして長年の実績があり安心
  6. デジハリの学生になるので、受講後に仕事を紹介してもらうこともできる
  7. 知名度は抜群。卒業生10万人、スクール受講生は年間25,000人超

特別価格!Adobe CC最安39,980円

Adobeマスター講座の動画

デジハリAdobeマスター講座の動画

デジハリAdobeマスター講座の動画

「Adobeマスター講座」は、ソフト(Adobe CC)と基礎講座(動画視聴)がセットになっています。むしろ、通信講座がメインなのでソフトの方がおまけです。

デジハリのAdobe通信講座の内容は、一部YouTubeで紹介されています。イメージを掴むのに参考になるでしょう。

> Webデザイナー講座 HTML/CSS/Dreamweaver実習
> Webデザイナー講座 Illustrator/Photoshop実習

デジハリの通信講座では以下の内容が学べます。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • Dreamweaver
  • Flash
  • Action Script
  • Premiere Pro
  • After Effects

どれも初心者向けの基本コースです。特にPhotoshop、Illustrator、Dreamweaverの3つの講義動画は見ておくといいです。全くソフトの使い方がわからない人にとっては「Adobeマスター講座」は、学習+ソフトで一石二鳥のお得な商品になるでしょう

ただし、中級以上の人にはダルい内容です。あくまで入門講座ですので過度な期待は禁物です。他のスクールの通信講座も同様です。

 

 

デジハリ「Adobeマスター講座」のSNS上の評判・口コミ

参考までに「Adobeマスター講座」を買った人の評判や口コミをSNS上から拾ってみました。

 

 

 

 

 

 

デジタルハリウッドAdobeの購入手続き

Adobeマスター講座の申し込み手順を解説していきます。簡単です。

  1. 公式サイトから申込み
  2. メール通知(受講開始)
  3. Adobeライセンスコードの通知
  4. Adobeライセンスコードの入力
  5. AdobeCCの利用開始

 さらに各ステップの詳細は以降で解説していきます。

デジハリAdobeの購入手順

デジハリAdobeの購入手順

 

 

デジハリAdobeの申し込みから利用開始まで(新規の場合)

まずは、デジハリAdobeを新規で初めて使う場合の手順です。

デジタルハリウッド公式サイトへ

デジタルハリウッドの「Adobeマスター講座」公式サイトに行きます。

特別価格!Adobe CC最安39,980円

Adobeマスター講座

Adobeマスター講座

講座・Adobeライセンスの内容を確認

講座の内容を確認して、ページ下部の申し込みボタンを押します。

利用できるAdobeはアカデミック版(学生・教員版)ですが、機能的には通常版と違いはありません。もちろん商用利用可(仕事で使ってOK)です。

デジハリAdobe申し込み

 

再度、確認メッセージが表示されますので、確認してください。

デジハリAdobe購入メッセージ

カートの中を確認

次に、カートの中身が表示されますので確認します。

デジハリAdobe購入カート

この下に、キャンペーン、クーポンの項目が表示されていますが、特に適用できる割引は存在しないので、そのまま進めます。

個人情報を入力

次に購入者の個人情報を入力します。

デジハリAdobeの購入者情報

 

領収書が必要な人は、宛名を記載します。

デジハリAdobeは法人名で購入できませんが、領収書は法人名を指定することが可能です。

デジハリAdobeの購入支払い情報

 

基本的にクレジットカードで支払いすると、Adobeソフトを即日利用開始できます。急いでいる人はクレジットカードがおすすめです。

決済完了すればデジハリからメールが来ますので、カードに問題さえなければ、申し込み後すぐにAdobeのライセンスコードが送られてきます。

支払い完了、すぐにメールがくる

支払い情報の詳細を入力して申し込みを終えると、「申し込み確認メール」がすぐにメールがきます。講座のIDと同時に、Adobeのライセンスコードも送付されてきます。

デジハリAdobe支払い完了

 

がしかし、僕は今回すぐにメールが来ませんでした…
(もちろんゴミ箱にも入ってたなんていう初歩的なミスでもない。)

※要注意

クレジットカードで申し込んだ場合でも、すぐメールが届かないケースがあるようです。

メールは自動返信なので、すぐに来ないのはおかしいな思ったのですが、3,4時間ほど待ってみましたがメールは来ませんでした。

仕方がないので、デジハリの事務局に「メールが来ません!」と連絡したころ、すぐに返信が来て対応してくれました。無事解決。

事務局側では、申し込み後すぐにメールは送信したことになっているが、こちらには届かなかったという状況で、再送してもらってようやく届きました。

ということで、同じように、クレカ申し込み後しばらく待ってもメール来ないという人は、事務局に問い合わせてみるのがいいでしょう。

 

送付されてくるメールはこんな感じです。

デジハリAdobeライセンスコード送付

デジハリAdobeライセンスコード送付

ライセンスコード入力

次に、送られてきたランセンスコード(シリアルコード、引き換えコード)を登録します。

登録先URLはメールは記載されているので、リンクをクリックします。

Adobeライセンスコード登録

Adobeライセンスコード登録

デジハリ経由で購入した人は、以下の通り入力しておけばOKです。

  • 学校情報:デジハリ・オンラインスクール
  • 学校の電子メールアドレス:空白のままでOK
  • 学習の分野:デザイン、Web、マルチメディア
  • 卒業予定年月:3ヶ月後

入力内容の詳細は、デジハリからのメールにも記載されていますので心配無用です。

ライセンスコード入力

次にライセンスコード入力画面に移ります。

デジハリAdobeライセンスコード入力

 

コード入力後、お支払い方法の登録に移ります。

支払い方法は「後で知らせる」をお薦めします。「自動更新」にすると、クレジットカード情報の登録になり、期限が切れると正規料金で自動更新されて課金されてしまいます。

更新の時期になれば通知がくるので、そのときにもう一度デジハリAdobeのように安いライセンスを購入して同じ手続きで更新していくのが賢い方法です。

Adobe Creative Cloudを使い始める

上記手続きが終わったら、まずはAdobe Creative Cloudをダウンロードします。

「Adobe Creative Cloudってナニ??」という全くの初心者の方もいると思います。Adobe CCというのは、以下のようなものです(Macの表示)。

f:id:mtasam:20180929232434j:plain

このCreative Cloud上で、PhotoshopやIllustraterといった各ソフトウェアを管理します。

以下の通りズラーっとソフトが並んでいます。

f:id:mtasam:20180929233104g:plain

もちろんすべて利用できますが、全てが必要な人はまずいないと思います。必要なソフトだけを「インストール」ボタンを押して、ダウンロードして使用します。

利用中のソフトウェアがアップデートされれば通知がきますので、自分の好きなタイミングで「アップデート」ボタンを押して更新します。Windowsのように自動更新はされませんので安心してください。

 

 

2年目以降、更新の場合はどうするの?

デジハリAdobeは新規だけでなく更新にも使えます。僕も毎年更新しています。

更新の場合は上記の手順だけでなく、より簡単にライセンスコード登録することが可能です。この手順であれば学校情報などの入力が省けます。

ただし、注意点もあります(後述)ので自己責任でお願いします。

Adobeアカウントからラインセンスコード登録

まずは自分のAdobeアカウントにログインして、「プラン管理」に入ります。

Adobe「プラン管理」からライセンス更新

Adobe「プラン管理」からライセンス更新

まず「有効期限」を確認。
僕の場合は、2021年11月11日です。1年更新すると2022年11月11日になるハズです。

現在2021年9月ですので、まだ1年以上の期限があり急ぐ必要はないのですが、今回はあえて実験的に更新してみました。

ライセンス更新は「新しいコードを引き換える」をクリックします。

Adobeライセンスコード入力

デジハリからのメールに記載されていたシリアルコードを入力します。コピペでOKです。

Adobeライセンスコード入力

 

これだけで終了です。

有効期限を確認

ライセンスコードを入力後、プラン管理の画面に戻ります。

有効期限を確認すると1年延長されているハズです。

Adobeライセンス1年更新

残り期限+1年でライセンス更新

無事、2022年11月11日になりました。

この手順でも更新できることがわかりました。

Adobe更新の完了通知メールを確認

正常に更新処理が完了しライセンス期間が延長されると、Adobeからメール通知もきますので、こちらも確認します。

Adobe更新の完了通知

Adobe更新の完了通知

 

デジハリAdobeの更新に際する注意

ライセンス更新に関しては、デジハリ事務局からメールには以下のような注意メッセージが記載されていますので、2年目以降の更新の際は注意です。

継続利用(更新)について

期限が残っているまま、コードを入力すると、まれに、先の残りの期限がなくなる(消化された状態になる)場合がございます。期限が切れてからの入力をお薦めいたします。

これはデジハリだけでなく、他のスクールパートナー経由でも同じ注意書きが記載されています。

ここではこの注意メッセージを無視して、1年以上期限が残っている状態で更新しましたが、賢明な人は、特別な理由がなければ今のライセンス期限が切れるか、切れる数日前くらいまで待って更新するのが無難だと思います。

いちおうこの件に関して、僕も事前にAdobeのカスタマーサポートに問い合わせました。サポートスタッフからは「いつ更新しても問題ない」と回答いただいた上で実行しています。

 

 

なんでデジハリのAdobe CCは安いのか? 

デジハリAdobeは、通常の半額近くですから怪しいと思う人もいるかもしれません。

でも大丈夫。デジハリAdobeは正規ルートの正規版です。購入したけど使えない!なんてことはありません。

Adobeの「プラチナスクールパートナー」だから格安

Adobeには「スクールパートナー」という制度があって、Adobeと「プラチナスクールパートナー」契約を結んだスクールだけが、Adobe CCを通信講座という形で特別価格で販売することが正式に許されています。

そしてこれらの通信講座は、社会人でも受講できるので事実上誰でも学生価格でAdobe CCを手に入れることができるのです。

国内では、以下の4つのスクールがあります。

  • ヒューマンアカデミー
  • デジハリ(デジタルハリウッド)
  • ISA
  • アドバン

ちなみに僕は、デジハリ以外にヒューマンアカデミーの「たのまな」でも購入したことがあります。

どこから購入してもAdobeソフト自体は同じですが、各社、微妙に料金やサポートに差異、デメリットがあるので、もっともバランスの良い「デジハリ」か「たのまな」がおすすめです。

最安値は39,980円(税込)。

特別価格!Adobe CC最安39,980円

 

「たのまな」の購入手順や使い方は以下を参考にどうぞ。
関連ページ【格安価格!月額3,331円】Adobe CC (Creative Cloud)を安く購入する

ちなみにAdobe製品はAmazonでも安く購入可能

デジハリ以外に、Adobe CCはAmazonでも購入可能です。

もしAmazonで購入するならセール時が狙い目です。20%超の割引になります。価格的にはデジハリなどのスクールパートナー経由で買うより安くなることはありませんが、Amazonでしか購入できないプラン()もあるので、特別な理由がある人はチェックしてみてもいいかもしれません。

AmazonAdobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|オンラインコード版

Amazonのadobe CC価格

Amazonのadobe CC価格

通常時なら12ヶ月版で64,557円(税込)。Amazonでもやはり、これくらいの価格が限界です。

Amazonではタイムセール祭りなどにあわせて、Adobe製品も10〜20%割引になることもありますが、それでも5万円程度。最安にはなりません。

これを見ると、デジハリの39,980円(税込)が異常に安いのがよくわかると思います。

Adobeのセールについてはこちらでまとめています。

関連ページ【2021最新】Adobe CC 割引セールの時期はいつ?価格は?