Life is colourful.

Inspire yourself

実際に買って2年目更新!【2022最新】たのまなadobeの更新・継続手順

たのまなAdobeの2年目更新

たのまなAdobeの2年目更新

【重要】4/27 Adobe CC値上げ!

2022年4月27日、Adobe 商品が値上げされました。
今後、adobe学生版やここで紹介している提携スクールの特別割引版も、値上げの影響を受ける可能性は大いにあります。(実際2019年には、公式の値上げ後すぐ約10,000円の値上げがありました。)今の格安料金でいつまでAdobeアプリを購入できるか、保証はありませんので要注意です。

月額6,248円 ⇒ 6,480円(年額77,760円・税込)

 

「たのまな」で購入できるAdobe CCのライセンスは有効期間1年です。

じゃぁ、1年経ったらどうすればいいのか?2年目以降も継続できるのか?という問い合わせをよく受けます。

 

「たのまなAdobe」で2年目の更新はできる?

結論から言うと、2年目も使えます。もちろんそれ以降も。

他から乗り換えの2年目でも、デジハリadobeの2年目更新でも、どちらもOKです。

1年ライセンス終了間際になったら、再度「たのまなAdobe」を購入して、ライセンスコードを取得して、Adobeの自分の管理画面で入力するだけです。

これだけでOK。1年目の登録時より簡単です。

たのまなのAdobeページはこちらから。

格安Adobe CC+通信講座 キャンペーン

 

簡単ですが、更新手順を以降で図解しておきますので参考にしてください。

 

ちなみにデジハリAdobeでも、その他のスクールパートナーで購入しても手順は同じです。

関連ページデジタルハリウッドAdobeの評判・購入手続き

デジハリAdobeキャンペーン・クーポン情報

 

Adobeマスター講座の概要・特長は下記の通り。

デジハリAdobe CCの概要

  • Adobe CC最安価格:39,980円/年 (税込)
  • 誰でも購入可能(社会人含め)
  • Adobe正規品
  • 商用利用可(仕事で使ってOK)
  • Adobeソフトの基礎講座付き
  • 最短10分!即日利用可

公式サイトから購入できます。

特別価格!Adobe CC最安39,980円

  

 

2年目以降、更新の場合はどうするの?たのまなAdobe更新手順は超かんたん!

たのまなAdobeは新規だけでなく更新にも使えます。

更新の場合は、新規より簡単にライセンスコード登録することが可能です。この手順であれば学校情報などの入力が省けます。

ただし、注意点もあります(後述)ので自己責任でお願いします。

ヒューマンアカデミー「たのまな」の販売ページへ

まずは以下より、Adobe CC+通信講座販売ページへいきます。

格安Adobe CC+通信講座 キャンペーン

ライセンスIDがメールで届く

購入後、ヒューマンアカデミーからメールでライセンスID(コード)が届きます。

以前は、郵送で商品一式が送られてきていましたが、今は受講証明書やライセンス入力手順書もメールで送付されます。便利になりました!

Adobeアカウントからラインセンスコード登録

更新の人は、すでにAdobeアカウントを持っているはずですから、自分のAdobeアカウント管理画面にログインして、「プラン管理」に入ります。

Adobe「プラン管理」からライセンス更新

Adobe「プラン管理」からライセンス更新

まず「有効期限」を確認。
僕の場合は、2021年11月11日です。1年更新すると2022年11月11日になるハズです。

現在2021年9月ですので、まだ1年以上の期限があり急ぐ必要はないのですが、今回はあえて実験的に更新してみました。

ライセンス更新は「新しいコードを引き換える」をクリックします。

Adobeライセンスコード入力

たのまなからのメールに記載されていたシリアルコードを入力します。コピペでOKです。

Adobeライセンスコード入力

 

これだけで終了です。

有効期限を確認

ライセンスコードを入力後、プラン管理の画面に戻ります。

有効期限を確認すると1年延長されているハズです。

Adobeライセンス1年更新

残り期限+1年でライセンス更新

無事、2022年11月11日になりました。

問題なく更新できていることが確認できました。

Adobe更新の完了通知メールを確認

正常に更新処理が完了しライセンス期間が延長されると、Adobeからメール通知もきますので、こちらも確認します。

Adobe更新の完了通知

Adobe更新の完了通知

これで無事、ライセンス更新完了です。

 

 

たのまなAdobeの2年目更新に際する注意

ライセンス更新に関しては、たのまな運営からメールには以下のような注意メッセージが記載されていますので、2年目以降の更新の際は注意です。

継続利用(更新)について

期限が残っているまま、コードを入力すると、まれに、先の残りの期限がなくなる(消化された状態になる)場合がございます。期限が切れてからの入力をお薦めいたします。

これはたのまなだけでなく、他のスクールパートナー経由でも同じ注意書きが記載されています。

ここではこの注意メッセージを無視して、1年以上期限が残っている状態で更新しましたが、賢明な人は、特別な理由がなければ今のライセンス期限が切れるか、切れる数日前くらいまで待って更新するのが無難だと思います。

いちおうこの件に関して、僕も事前にAdobeのカスタマーサポートに問い合わせました。サポートスタッフからは「いつ更新しても問題ない」と回答いただいた上で実行しています。

 

 

2年目以降も安くAdobeを使いたい!でも、たのまなの格安は続くの?

ここでは、格安Adobeの更新手順を解説してきましたが、たのまなのAdobe格安価格がずっとあるとは言い切れません。

格安Adobeは今後も続くとは限らない

たのまなAdobeは格安ですが、運営元のヒューマンアカデミーがAdobeのスクールパートナーを今後も継続する保証はありません。また、Adobeが突然値上げしてくる可能性もあります。

今後もAdobeを使い続ける予定のクリエイターの中には、安い今のうちに2、3年分ライセンスを購入しておきたいと考える人もいるでしょう。僕もその1人で、以前はたのまなで複数年ライセンスを購入していました。

でも今は販売終了してしまいました。

複数年ライセンスはAmazonで安く購入可能

たのまな以外に、Adobe CCはAmazonでも購入可能です。Amazonでは唯一、AdobeCCの複数年ライセンスを扱っています。

ただし、Amazonの価格はAdobeの正規価格ですので、通常時は買ってはいけませんAmazonのセール時を狙います。セールで20〜30%超の割引になるので、このタイミングで2年または3年ライセンスを購入するとお得です。

AmazonAdobe CC コンプリートプラン

Adobeのセールについてはこちらでまとめています。

関連ページ【2021最新】Adobe CC 割引セールの時期はいつ?価格は?