Life is colourful.

Inspire yourself

SSL化したら検索順位はどうなる?https対応によるSEOへの影響の一例を紹介

f:id:mtasam:20170917023657j:plain

最近手持ちのサイトを順次、SSL/TLS(以降、SSL化)対応している。

SSL化の目的はWebサイトのセキュリティ強化(情報の暗号化)なのだけれど、サイト運営者にとっては「SSL化したことよって検索順位にどう影響がでるか」も気になるポイントのはず。

特に「勝っているチーム」のサイト運営者なら、できれば動かしたくないのが本音だろう。でも、Googleは強く推奨してくる。

ここでは、SSL化したWebサイトの検索順位変動の一例を紹介する。

 

SEO評価上、優遇されるはずなのだが…

Googleは、SSL化されたWebサイトはランキング評価で優遇すると言っているので、プラス要素であることに間違いはない。

参考Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します

それに、2017年10月以降は、SSL対応されていないサイトに対するchromeの警告表示も強化するという。

● ● ●

ネットの記事やSNSを見ていると、SSL導入したら少し順位が上がった/変動がなかったという声を聞く一方で、優遇どころかSSL化したことによって順位が下がってしまった、というケースも見かける。

SSL化するとURL(http⇒https)が変わる。この新旧URL切り替わりのタイミングで、一時的に検索順位が不安定になる。確実に。

普通はここからスグ戻ってくるはずなのだけれど、そうではないことも(稀に?)あるらしい。もちろん、戻ってこない原因がSSL化以外にあることも考えられるが、順位が下がると「ハメられた」と言わざるをえない。

 

Googleは最初の「5文字」しかみていない

ちなみに、GoogleがSSL対応したWebサイトか否かを判断する基準は、最初5文字が「https」になっているかどうかだけ、ということは覚えておこう。

参考GoogleのHTTPSアルゴリズムはURLの最初の5文字を見ている、混在するコンテンツがあっても優遇される | 海外SEO情報ブログ

つまり、SSL化の質は問われないということ。

暗号化の強度やSSLサーバー証明書の信頼性などは関係ない。サイト内でSSL化されていないページが混在していても、とにかくhttpsの5文字さえあれば一様に優遇される。

 

SSL化による検索順位変化の一例

f:id:mtasam:20170917112710j:plain

今回は、20ページ程度の小規模なサイト(ブログ)をSSL化したので、その結果を一サンプルとして紹介する。

SSL化によって検索順位がどう変化していったかを記録しておいたので、以下に記しておく。

SSL化前

検索順位をチェックするのに使用したのは、以下のようなサイト(下図)。

f:id:mtasam:20170916213745j:plain

URLとキーワードを入力して、「チェック」を押すとGoogle/Yahoo/Bingのランキングを表示してくれる。

参考検索順位チェッカー

今回はたまたまこのサイトを使っただけで、他にも同様のランキングチェックサービスはたくさんあるし、GRCの無料版でもいい。

今回は、このサイトの主要な5つのキーワードに注目して、検索順位の変動を追った。

※SSL移行中に記事のリライトや新規記事投稿はしていない。

http⇒httpsのビフォー&アフター

まず結果から示しておく。

主要キーワードの検索順位変動は、以下の図の通りになった。

  • ビフォー(左):SSL化前の順位
  • アフター(右):SSL化4日目後の順位

f:id:mtasam:20170916213826g:plain

上の通り、Google/Yahooの検索結果において順位があがった。(BingはSSL化したことにまだ気づいていない様子…)

これだけを見ると、かなり検索順位に影響があったように見えるが、今回SSL化したこのサイトは、

  • 公開してそれほど時間が経っておらず成長段階だったこと
  • そこまで競争の激しいジャンルではないこと

この2点を付け加えておく。

純粋にSSL化で順位上昇したわけでなく、たまたま成長中だったところにSSL化して、SSL化によって順位上昇したように見えている可能性もある。

 

旧URL(http)の順位変動

上の結果の補足。

SSL化したことによって、検索結果から旧URL(http)は消えていく。以下の図はそれを示している。4日後には検索画面から完全に消えた。

f:id:mtasam:20170916213834g:plain

ちなみに、SSL化直後にSearch Consoloから"Fetch as Google"でサイト全体を巡回するよう1度だけリクエストを送っている。

 

新URL(https)の順位変動

逆に、新URL(https)は時間が経つにつれ露出度が高まっていく。(もちろん、そうなってもらわないと困るのだけれど)

下の図をみると、その通りの動きになっているのがわかる。今回は、その新旧入れ替わりのタイミングで運よく順位が上がったらしい。

 f:id:mtasam:20170916213821g:plain

 

結果の補足

  • 上でウォッチした5キーワードの検索順位はいずれも上昇したけれど、全く変動していないキーワードもある。
  • 他のサイトのSSL化では、全く順位変動がなかったケースもある。

 

SSL化の手順

f:id:mtasam:20170917120332j:plain

SSL化の手順を詳しく書くともの凄く長くなるので、ここでは、以下に必要事項だけを列挙しておく。

「(サーバー名) SSL 手順」などで検索すれば有益な情報が得られるだろう。

※以下は、自分でレンタルサーバーを利用している人の手順。はてなブログのような、レンタルブログを使用している人は、①~④は運営会社が担当する。

①サーバーの設定でhttp⇒httpsに切り替え

利用中のレンタルサーバーの管理画面で、SSL対応をONにする。数分~1時間程度待てばhttpsに切り替わる。

おそらく、ほとんどのレンタルサーバーで無料で簡単にSSL化できるハズ。

②WordPressの設定でURLをhttp⇒httpsに変更

WordPressでサイト運営(ブログなど)している人は、「一般設定」から「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」を「https://~」に変更する。

③.htaccessでリダイレクト設定

外部からhttpでアクセスされたときにhttpsのURLに自動遷移(リダイレクト)させる設定を「.htaccess」というファイルに記述しておく。

④WordPressプラグイン「Search Regex」で一括置換

内部の自サイトの表記をhttpからhttpsに修正する必要がある。Search Regexというプラグインを使えば、一括置換してくれる。

WordPress(CMS)運用でなく静的HTMLベースでサイト運営しているなら、エディタの置換機能等を使って変換することになる。

⑤手動によるSSL化対応

上の④でかなり手間は省けるが、④だけでサイトの内の全ページをSSL対応できるということはほぼないだろう。

サイト内の要素を全てSSL化する必要があるので、残りは1つずつ手作業で変更していくしかない。

具体的にいえば、img, script, form, iframeなどの中にhttp表記の要素があるとNGになる。

⑥外部サイトに登録しているURLの変更

Google Analyticsなど各種ツール、各ASPなどの登録情報も忘れず変更しよう。

Search Consoleは変更でなくて、新サイトを追加するカタチになる。

 

最後に

まだいくつかSSL化しないといけないサイトがあるので、また機会をみて報告していく。

正直、SSL対応は面倒くさい。これで順位まで落とされたらたまったものではない。