Life is colourful.

Inspire yourself

【今なら新大阪⇔博多・小倉6,600円~!】大阪-福岡の新幹線、格安『バリ得こだま・ひかり』

【2017年4月3日更新】

f:id:mtasam:20161127155643j:plain

【最新情報】2017年4~9月限定キャンペーン

  3月:新大阪⇔博多5,600円/新大阪⇔小倉5,000円~
  4月:新大阪⇔博多7,000円/新大阪⇔小倉6,200円~
5~7月:新大阪⇔博多7,200円/新大阪⇔小倉6,600円~
8~9月:新大阪⇔博多7,200円/新大阪⇔小倉6,600円~

期間限定の特別割引料金(片道)です。

夏休み中は新幹線が混雑しますので、「バリ得こだま」のご予約は早めにされることをおすすめします。(ひかりも乗車可能です!)

すでに旅行の予定が決まっていて購入を予定している方はお急ぎ下さい!!▶こちら

※【2017年3月限定キャンペーン情報】現在先着450名限定で新大阪⇔博多片道5,600円です。購入を予定している方はお急ぎ下さい!!>こちら

宿泊の方は「新幹線+宿泊セット」がオトクなので、まず▼コチラ▼をチェックして下さい。セットだと特別割引が効くので別々に予約するよりオトクです。

新大阪⇔博多の新幹線往復チケット+ホテルで17,000円前後~です。

 

大阪から福岡(博多・小倉)に行く場合、「バリ得こだま・ひかり」という新幹線の格安チケットがあり、とても便利で僕はよく使っています。名前の通り、新幹線こだま・ひかりに安く乗車できて、新大阪と博多・小倉を結ぶ新幹線チケットの中では格段に安いです。もちろん指定席です。

急ぎの人はひかり号を選ぶといいです。便数と乗車時刻は限られますが、2時間半~3時間くらいで行けます。

他にも色んな新幹線の割引チケットがありますが、現時点で新大阪-博多・小倉間の新幹線料金ではバリ得こだまが最安値です。片道7,000円~です(小倉は6,000円台)。

バリ得こだまは大阪から九州に向かう下りだけでなく、上り方面にも使えるので九州から関西方面に旅行や用事がある方も利用価値があります。

大阪-福岡を15,000円で往復できるので、ふと思い立って週末に九州・大阪に旅行したくなったときなどにも使える、便利なチケットです。 

飛行機や夜行バスもありますが、コストと時間を考えるとバリ得こだまがバランス良くて、僕はこのチケットにすごくお世話になっているので紹介したいと思います。

● ● ●

この記事は、バリ得こだまの詳しい情報を網羅していますので、かなり長くなっています。下の目次から必要な項目を選んで読んでいただければ幸いです。

購入方法・手順は下の記事に書いています。実際の予約画面で詳しく解説していますので、ご購入予定の方は参考にしてください。

関連記事「バリ得こだま・ひかり」の予約・購入方法【予約画面の解説あり】 

「バリ得こだま」とは

http://www.nta.co.jp/jr/shinkansen/kodama/

f:id:mtasam:20161125200305j:plain

「バリ得こだま」は日本旅行が販売するツアー商品です。チケットではないのですが、便宜上格安チケットとここでは呼びます。

※JRのチケットではないのでJRの窓口では購入できません。

公式サイトバリ得こだま最新料金|新幹線こだま号で行くオトクな旅|日本旅行

 

 

バリ得こだま・ひかりの値段

【最新情報】2017年4~9月限定キャンペーン

  3月:新大阪⇔博多5,600円/新大阪⇔小倉5,000円~
  4月:新大阪⇔博多7,000円/新大阪⇔小倉6,200円~
5~7月:新大阪⇔博多7,200円/新大阪⇔小倉6,600円~
8~9月:新大阪⇔博多7,200円/新大阪⇔小倉6,600円~

特別割引料金(片道)です。購入を予定している方はお急ぎ下さい!!▶こちら

※【2017年3月限定キャンペーン情報】現在先着450名限定で新大阪⇔博多片道5,600円です。購入を予定している方はお急ぎ下さい!!>こちら

ばり得こだまを使うと、新大阪-博多の新幹線こだま指定席が片道7,000円(こどもは半額)です

値段は年度や季節によって多少変動しますが、だいたい片道7,000円台です。上り・下りどちらも乗車OK。7,000円というのは通常の新幹線乗車料金の半額以下です。

バリ得こだまはお盆やGW、年末年始は料金が高くなります。9,500円とやや高くなりますが、それでも安いことにかわりはありません。

ばり得こだま・ひかりの最新の値段

  • 2017年4月以降:新大阪⇔博多片道7,000円~
  • 2017年3月  :新大阪⇔博多片道5,600円
  • 2017年1~2月:新大阪⇔博多片道7,200円
  • 2016年12月 :新大阪⇔博多片道7,600円

期間限定や先着◯名限定などのキャンペーンがありますので、最新の料金は日本旅行の公式ページを確認してください。

公式サイトバリ得こだま最新料金|新幹線こだま号で行くオトクな旅|日本旅行

博多または大阪で宿泊する方は「新幹線+宿泊セット」がオトクなので、まず▼コチラ▼をチェックして下さい。「バリ得こだま」より割安の場合が多いです。新幹線往復チケット+ホテル宿泊で17,000円前後~です。

 

バリ得こだまの予約と購入方法

Web予約&購入

バリ得こだまはWebからも予約が便利です。クレジットカード払いも可能です。

Web予約はこちらのバリ得こだま公式サイトからできます。

公式サイトバリ得こだまWeb予約|新幹線こだま号で行くオトクな旅|日本旅行

※2017年3月現在、座席の指定ができなくなったようです。

もちろん座席の指定もできます。最前列、窓際、コンセントのある座席などはもちろん、妊婦さんや子連れ、障害者の方は多目的室近くがいいですね。Web予約時に座席の希望が出せるので利用しましょう。

Webからのチケット購入の手順を、実際の予約画面とともに解説していますので、購入予定の方は参考にして下さい。

関連「バリ得こだま・ひかり」の予約・購入方法【予約画面の解説あり】

 

Webから予約すると、日本旅行からチケットとクーポンがすぐ送られてきます。乗車当日はそれを持ってこだまに乗車すればOKです。

いちおう「ツアー商品」という扱いですので、旅程を書いた紙も同封されてきますが、特に意味はないので乗車券を手に改札に向かうだけです。

店頭購入

日本旅行の関西エリアの支店でのみ販売されています。
 

バリ得こだまの乗車区間

新大阪-博多と書いてきましたが、正確には以下が対象区間です。

新大阪・新神戸・西明石・姫路-博多・小倉

それぞれの区間の料金はこちらです。

新大阪-博多間片道7,000円(2017年4月の料金)ですが、途中の駅で乗降すればこれより安くなります。例えば、新大阪-小倉間は6,400円です。

新大阪−博多 7,000円
新神戸−博多 6,800円
西明石−博多 6,600円
姫路−博多  6,400円
新大阪−小倉 6,400円
新神戸−小倉 6,200円
西明石−小倉 6,000円
姫路−小倉  5,800円 

※【2017年3月キャンペーン情報】現在先着450名限定で新大阪⇔博多片道5,600円です。購入を予定している方はお急ぎ下さい!!

最新の値段は公式サイトで確認して下さい。

公式サイトバリ得こだま最新料金|新幹線こだま号で行くオトクな旅|日本旅行

 

 

バリ得こだまの時刻表

 バリ得こだまで乗車可能な新幹線こだま・ひかりの時刻表は以下の通りです。

【往路】

列車名 新大阪発 小倉着 博多着
ひかり441 6:03 9:08 9:26
ひかり491 7:35 9:54 10:11
こだま729 (姫路発) 10:26 10:44
こだま731 6:59 11:01 11:19
こだま733 7:39 12:01 12:19
こだま737 9:35 13:58 14:15
こだま739 10:29 14:20 14:40
こだま741 11:29 15:20 15:39
こだま753 16:29 20:57 21:14
こだま755 17:32 22:20 22:38
こだま757 18:29 23:04 23:22

【復路】

列車名 博多発 小倉着 新大阪着
こだま730 6:40 6:58 11:14
こだま740 11:05 11:22 16:14
こだま742 12:00 12:18 17:14
こだま744 13:04 13:22 18:14
こだま746 14:00 14:18 19:14
こだま748 15:05 15:22 20:14
こだま752 16:24 16:43 21:14
こだま754 17:04 17:22 22:10
こだま758 18:02 18:20 22:38
こだま762 19:18 19:35 23:18
ひかり444 20:51 21:09 23:32

 

2017年3月時点のJR時刻表をもとにしています。念のため、最新の時刻表を日本旅行のホームページでご確認ください。

公式サイトバリ得こだま時刻表|新幹線こだま号で行くオトクな旅|日本旅行

 

 

「ひかり」も乗車可能(新大阪-博多間:3時間半)

実は、バリ得こだまは「ひかり」も乗車可能なのです。こだまより断然早くて、新大阪-博多間を2時間半~3時間で行けます。少し急ぎたいひとは、ひかり乗車を狙うといいでしょう。

ひかり便は限られています。以下が乗車時刻になります。 

【新大阪発】

  • 441号 6:03
  • 491号 7:35

【博多発】

  • 444号 20:51

 

新幹線・エヴァンゲリオン仕様(EVA TYPE 500)も乗車可能

下で詳しく説明しますが2015年11月から期間限定の新幹線・エヴァンゲリオン仕様も運行しています。バリ得こだまがあれば、この新幹線にも乗車可能です。

一日1往復です。以下の時刻に発車しています。

【新大阪発】

  • 741号 11:32

【博多発】

  • 730号 6:36

 

 

バリ得こだまの特典と注意点のまとめ

  • 新大阪-博多、新幹線こだま片道から購入可能
  • 新幹線-博多片道7,000円、こどもは半額
  • 一人でも購入可能
  • 購入は日本旅行の関西支店かWebで
  • 小倉などで乗降すれば、その分割安料金になる
  • 乗車前日まで購入OK(Web予約は3日前まで)
  • キヨスクなどで使える200円のクーポン付
  • 新幹線ひかりにも乗れる
  • 500円プラスでひかりのグリーン車に座れる

店頭では前日、Web予約は3日前までと結構ギリギリまで予約購入できるので、突然の旅行でも全然OKです。また駅構内で使える200円分のクーポン付きですので飲みモノ代にはなります。

 

逆に注意点もあるので、確認しておいてください。

  • 途中下車は不可(例えば広島で降車など)
  • 払い戻し不可(乗り遅れると無効)
  • 乗車前のキャンセルは可能だがキャンセル料が発生

 

 

どれくらいオトク?-他の新幹線チケットとの料金比較

普段あまり新幹線に乗らない人はどれくらいお得かわからないと思いますので、新大阪-博多間を他の手段で新幹線乗車した場合の料金をまとめておきます。以下は、乗車券+特急券の値段です。

 

【新大阪-博多(片道・指定席)】

新幹線乗車手段 料金
のぞみ・みずほ 15,310円
さくら 15,000円
エクスプレス予約 13,270円
こだまスーパー早得きっぷ 8,500円
バリ得こだま 7,000円

ご覧の通りご覧の通り、バリ得こだまが圧倒的に格安です。通常の新幹線乗車料金の半額ぐらいになります。

公式サイトバリ得こだま|新幹線こだま号で行くオトクな旅|日本旅行

実は、バリ得こだまと同じくらいの料金(往復)で、JRが販売する「こだま早得往復きっぷ」というのが最近まであったのですが、現在は販売中止されています。

 

 

バリ得こだまはこんな人に最適

f:id:mtasam:20161125201525j:plain

多少時間がかかってもいい人(新大阪-博多約4時間半)

新大阪-博多間はのぞみ・みずほだと2時間半です。こだまだと4時間半かかります。これを許容できる人は「バリ得こだま」がいいです。

上でも書いた通り、ひかりにも乗れるので、ひかりの発車時刻とタイミングが合う人は新大阪-博多3時間半くらいで行けます。

 

安く済ましたいけど、青春18切符や夜行バスは避けたい人

学生や本当にお金がない若い人にとっては、長距離移動といえば青春18切符や夜行バスが最安の交通手段です。僕もよくやりました。

アレはあれで独特の旅情があっていいものですが、なにしろ体力を消耗します。若くないとキツイですね。

 

飛行機という手もあります。
LCCでも安い便なら関西空港から5,000円くらいでありますが、飛行時間は80分といえど、結局、空港までの時間と交通費がかかるので、大阪-九州くらいの距離だとあまりメリットがありません。関空は遠いです。

それに飛行機だと、色々と細かい移動の連続になり結構疲れますしね。

ココら辺の比較はこちらで書いています。

関連【料金比較】大阪-福岡・博多の最安値(新幹線、高速夜行バス、飛行機) 

 

新幹線・エヴァンゲリオン仕様に乗車したい人

「バリ得こだま」でエヴァンゲリオン仕様の新幹線(500 TYPE EVA)にも乗車できます。一日一往復、博多-新大阪間を走っています。

 

去年11月、知らずにこのエヴェ仕様こだまの開通日に乗り合わせてしまったことがありましたが、構内が見物客で溢れるほど大変な賑わいでした。

エヴァ仕様の新幹線に乗っていると、停車駅で止まるごとにやたらと写真を撮られます。

f:id:mtasam:20161125202203j:plain

エヴァンゲリオン好きな人はたまらないですね。(写真は友達にせがまれて撮ったものです。)

 

去年の開通当初から話題で、よくTVでも取り上げられていました。

博多駅には特設カフェ「500 TYPE EVA cafe」やグッズショップ「500 TYPE EVA SHOP」もあり、このプロジェクトの集客状況は好調のようです。本来は2017年の3月までの運行予定でしたが、JR西日本が延長を決定して2018年春まで運行する予定です。

九州からの上りだと朝一の便になりますが、限定モデル乗車のお得感があっていいです。 強烈なエヴァンゲリオンファンでなくとも楽しめます。

f:id:mtasam:20161125202330j:plainf:id:mtasam:20161125202331j:plain

 

外装だけでなく車内も完全エヴァ仕様になっています。特に1号車は「500 TYPE EVA展示・体験ルーム」にもなっていて、かなりのこだわりをみせています。

特設HPもあるので、興味が湧いた方は覗いてみてもいいですね。

参考500 TYPE EVA PROJECT│新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト│JR西日本

 

 

バリ得こだまの申込みに関する注意

上記の手順でWebからの申し込みが完了するわけですが、申し込み完了した時点で座席が確保されるわけではありません。

Web予約申し込みの注意事項を引用しておきます。

JRセットプランでは、お申込み完了時点でJRの指定席は確保できておりません (リクエスト受付)。

ご希望のJRが満席の場合、宿泊予約は取消となります。 現在の表示内容は最終確認までに変更される可能性があります。「お申込み内容の最終確認」にて、旅行代金・内容をご確認ください。 お申込み完了後に列車指定席の手配を行ない、手配結果につきましてはあらためてご案内いたします。

予約確定後に確定内容をメールでお送りいたします。

 

要するに、予約申し込み受けたあと販売店が入力情報を確認して座席を確保しにいきますが、空席がない場合や指定した座席がない場合は、座席確定できません。

もし座席確保できない場合は、販売店から電話連絡が来ます。

 

確保できた場合は特に電話連絡がありません。予約確定のメールが届き、2、3日後にチケットが届きます。

 

バリ得こだまのキャンセル料とお問い合わせ先

バリ得こだまのキャンセル料金は以下の通りです。

予約の解除日 料金
旅行開始後 100%
当日 50%
前日 40%
2~7日前 30%
8~10日前 20%
11日前以前 無料

 

また、何かあったときは以下のお問い合わせ先に連絡すると良いでしょう。

大阪予約センター(通信販売専門店)

電話番号:0570-666-155

営業時間:

月曜日09:30~18:00
火曜日09:30~18:00
水曜日09:30~18:00
木曜日09:30~18:00
金曜日09:30~18:00
土曜日09:30~18:00
日曜日09:30~18:00
祝日09:30~18:00
携帯電話などのお客様はTel:06-6347-1226へお掛けください。

※年末年始(12/30~1/4)休業

 

 

バリ得こだまに関するよくある質問

ここで説明した以外に、バリ得こだまに関する疑問やよくある質問をこちらでまとめていますので併せてご利用ください。

 

 

大阪・博多のおみやげ

「バリ得こだま」で観光する気になってきた方のために、ついでに大阪と博多のおみやげも簡単に紹介しておきます。

 

福岡博多のお土産

福岡博多のお土産については地元民が詳しく紹介してくれていますので、こちらにおまかせしましょう。

 

紹介といいつつ自分で紹介していないので、1つだけお気に入りをあげると、「めんべい」が好き。

博多・小倉をはじめ九州は食べ物がうまいですね。

 

大阪のお土産

一方、大阪。

実は自分にとっては大阪はいつも通過地点なのでお土産ってめったに買わないので、こちらも気の利いたモノは紹介できないのですが、たまにネタ用に使っていたのがコレ。

大阪(吉本)らしい産物です。(今となっては有名すぎか…)

 

すでに和解は成立していますが、もちろんパクリ元はこちらです。やっぱりこっちの方が好きです。

 

宿泊旅行なら「新幹線+宿泊パック」の方がオトク!

新幹線宿泊パックについてはコチラの記事でさらに詳しく書いています。

関連記事格安!新幹線往復+ホテル宿泊が17,000円~「新幹線パック」で大阪⇔博多がお得!

大阪または福岡で宿泊する旅程の場合は、バリ得こだまとホテルを別に予約するよりも、新幹線パックツアー商品を購入するほうがオトクな場合が多いです。

新幹線往復+ホテルで17,000円程度のパックもあります。
例えば、今現在(2017年3月)でている新大阪⇔博多のパックツアーの最安値は、16,500円です。新幹線往復チケット+ホテル宿泊(1泊)の料金ですよ。

また、高級ホテル「ホテルニューオータニ博多」に1泊するパックでも、一人25,600円ですね。かなりオトクです。

格安パックがあるかどうかはタイミングによるので、最新の情報はこちらでチェックして下さい。

公式サイト関西から九州へのJR+宿泊セットプラン

公式サイト九州から近畿へのJR+宿泊セットプラン

 

 

最後に

バリ得こだまはのんびり行く旅行に最適ですので、週末にふらっと九州に行きたくなった、または大阪・京都に観光したくなったという人は、15,000円で往復できますので、気軽に使ってみるのもいいですよ。

公式サイトバリ得こだまWeb予約|新幹線こだま号で行くオトクな旅|日本旅行