読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is colourful.

Inspire yourself

そのスマホ海外で使える?それともレンタルWiFi?SIMフリー端末と現地キャリア周波数の相性チェック

【2017年3月21日更新】

f:id:mtasam:20161209210034j:plain

今持っているスマホやタブレットを海外で使うことを考えた場合、予め日本国内でWiFiルーターをレンタルしたり、海外用のSIMを買ったり、国際ローミングしたりするといった手段があるのですが、これらはかなり割高です。

短期間ならこれでいいですが、日本と海外を行ったり来たりする人や、海外で長期間滞在する人は、コストのことを考えると現地でSIMを買って使うのが最も賢い選択です。

また短期の海外旅行でも、国によっては旅行者用SIMが空港や街中の電気屋で安く用意されていたりするので、コレを使った方が断然お得になったりします。

この記事では、現地のSIMを使って自分のスマホを海外で使う場合の注意点などを書いてみます。 

海外用レンタルWiFiルーターについて知りたい人はコチラへ。
関連【初心者向けガイド】海外用レンタルWiFiルーターのおすすめ業者、選び方、使い方 

SIMフリー端末と現地キャリアの相性をチェックしよう

海外で現地SIMを挿す場合、今あなたが持っているスマホが現地のキャリアの通信方式や周波数に対応している必要があります。互換性がないと通じるエリアが狭くなったり、最悪使えないといったことが起こりえます。

逆のケースで、海外在住者が帰国時に日本国内で海外スマホを使えるか、気になる人もいるでしょう。 

どちらのケースでも予めチェックしておけば、いざというときのトラブルと余計な出費を防ぐことができます。端末とキャリアの相性を調べましょう。

簡単にチェックするWebツールがあるので紹介しておきます。

 

 

海外SIMフリー携帯ネットワークチェック

「海外SIMフリー携帯ネットワークチェック」というサイトがあります。これで簡単に一発でチェックできます。

http://jp.etoren.com/pages/phone-network-check

f:id:mtasam:20161209152615j:plain

 

電波に詳しい人でなくても簡単に使えます。

操作方法は全然難しくなくて、画面左で自分のスマホ端末を選んで、画面右で国とキャリアを指定するだけです。

とりあえず試しにやってみましょう。

 

Huawei P9 Liteはニュージーランドで使えるか?

僕の場合は、日本でSIMフリー端末を買ってニュージーランドで使う予定です。端末はまだ決めていませんが、とりあえずHuaweiのP9Liteにしておきます。

ニュージーランドの現地キャリアはVodafone指定です。結果はこうなります。

f:id:mtasam:20161209152931j:plain

 

結果は画面下の方に出ています。2G/3G/4G全てにおいてマッチしているので、問題なく使えそうであるということがわかります。(使えない場合は赤い✕マークがでます)

Vodafone以外のニュージーランドの他のキャリアでもだいたいOKでした。

 

 

Sony Xperia XZはアメリカで使えるか?

もう一例。

SonyのXperia XZ F8331という端末をアメリカで使えるかチェックします。現地キャリアはSprintにしてみましょう。

f:id:mtasam:20161209145519j:plain

 

結果はご覧の通り、4G(LTE)はOKですが、3G/2GはNGです。なので、4Gでカバーされているエリア(おそらく都市部)しか通信できないことになります。

 

同じアメリカでも、キャリアを変えてT-Mobileにしてみるとこうなります。

f:id:mtasam:20161209145518j:plain

 

2G/3G/4G全てOKになりました。

こういう感じで、色んな機種を試すことができます。

日本のキャリアを指定すれば、海外で購入した端末を国内で使用可能かどうかも調べることができます。

 

 

Frequency Check(海外サイト)

もう一つ、スマホ端末と各国キャリアの周波数のマッチングチェックをしてくれるサイトを紹介しておきます。

https://www.frequencycheck.com/

f:id:mtasam:20161209153953j:plain

 

こちらは英語です。

上の「海外SIMフリー携帯ネットワークチェック」はどちらかというと、海外版用のSIMフリー端末を国内で使えるチェックするために作られているような感じなので、例えば、国産のFujitsuの「Arrows」とか京セラの端末などはリストにないようです。

なので、そういう場合はこちらの「Frequency Check」が便利です。

このサイトには、かなりの数の端末が登録されているようで、上にあげたFujitsuや京セラの端末でもチェックできました。

 

 

また、このサイトは画面上部に検索窓があり、そこにキーワードだけ入力すればサイト内の検索一致結果を出してくれます。

現地キャリアの会社名とかを知らない場合は、国だけ指定しておくと、下の図のように現地キャリア毎の対応状況一覧を出してくれるので、かなり便利です。

f:id:mtasam:20161209155731j:plain

 

本来なら、端末の仕様と現地キャリアHPを見比べて1つ1つ調べないといけない作業なので、これを知っていれば便利です。

ごく限られた人のための情報ですが、結構面倒なので役に立つかと思います。

ただ、あくまでWeb上の便利ツールであって対応状況が保証されるものでありませんので、最新の情報は端末の仕様書とキャリアのHPなどで確認して下さい。

 

 

やっぱりレンタルWiFiがいいという方へ

ここまで自分のスマホに現地SIMを挿して使う前提で書いてきましたが、やはりレンタルWiFiにすると楽です。

多少コストがかかっても、予め日本で海外で使えるWiFiルーターを準備しておけば現地で心配無用です。特に短期の海外旅行者ならなおさらです。現地での時間がもったいないですから。

おすすめの安いレンタルWiFiを紹介しておきます。より詳しく知りたい人はこちらを参考に。

関連【初心者向けガイド】海外用レンタルWiFiルーターのおすすめ業者、選び方、使い方 

 

Global WiFi(グローバル・ワイファイ)

f:id:mtasam:20170320222633j:plain

Global WiFiは業界最大手の一つです。料金も常に最安にチャレンジしています。レンタルWiFiの対応国は200国以上、空港受取・返却に関しても、日本国内の主要空港はもちろん、他社ではカバーしていない地方の空港にも対応しています。

初心者の人があまり良くわからないし、他社サービスを詳しく比較するのも面倒な人は、Global WiFiを選んでおけば、まず大丈夫です。おすすめです!

公式サイト海外専用グローバルWiFi

 

Wi-Ho(ワイホー)

f:id:mtasam:20170317005243j:plain

Wi-Hoは海外用レンタルWiFiルーターの有名どころです。主要な国は全て対応しています。WiFiルーター端末の保証やモバイルバッテリーのオプションなどもあり、安心してレンタルできます。

Wi-Hoは頻繁にキャンペーン割引を行っているのが特徴です。送料無料で値段も390円~/日と安いのが魅力。例えば、台湾に2泊3日の旅行なら、2,958円(端末保証等込)でレンタルすることができます。アメリカ旅行時のレンタル料金でみても他に比べて結構格安です。

公式サイト格安の海外用WiFiはワイホー

 

イモトのWiFi

f:id:mtasam:20170317005256j:plain

イモトのWiFiはこの業界の大手ですので、こちらも安心して使えます。対応国も200国以上の地域をカバーし、利用客・リピーターも多いです。

長期渡航者用やヨーロッパ周遊、世界周遊プランなど料金プランも豊富です。また、国内の主要な空港のカウンターでWiFiルーターを受取・返却可能ですので、とても使いやすいですね。

公式サイトレンタル海外携帯|イモトのWiFi