読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is colourful.

Inspire yourself

あなたが英語を勉強する理由

英語

 

今回は、「なぜ英語を習得した方がいいか」という部分について書きたい。

 

導入部分が少し長くなるので、とにかく「英語を習得するべき理由」を読みたいという人は、以下の目次から興味のある項目を選んでショートカットして読んでほしい。

 

 【目次】

PR

 

 

過去二回のエントリーで「使える英語の習得」をテーマに記事を書いたところ、大きな反響があった。

 

 

 1つ目のエントリーでは、世界中の英語を学ぶ学生が支持する世界的なベストセラーの英文法書を紹介した。2つ目のエントリーでは、「通じる英会話」にスポットをあて、日本人の英語が通じない理由を個別の要素に分解し、その対策法を提案した。

これらは、ぼく自身の海外移住経験を通して見てきたものや、実践してきた勉強法にもとづいている。それほど的外れでもないと確信している。

 

しかしながら、これらのエントリーを読んで良質な参考書と効果的なメソッドを知ったからといって、全員が英語を習得できるようになることは保証できない。なぜなら、結局のところ英語を習得できる人とできない人を分けるのは、手段ではなく本人の熱量に依存するからだ。

つまり、あなたの心が英語に向かっていなくては英語は習得できない。

 


おそらく多くの日本人にとって、現時点で英語はそれほど必要ないスキルだ。社内の英語公用語化をすすめる企業も一部にはあるものの、たいていの人には関係のない話だ。英語ができなくても今まで通り目の前の仕事はある。英語は「遠い離れた海外で使われている言語」のお話だ。

 

 

そのような状況の中であなたが英語を習得するためには、心を突き動かす強烈なモチベーションが必要だ。心が動かなければ人は動かない。

具体的にいえば、英語を習得しなくてはいけない状態に陥って逃げ場のない危機感を感じるかどうしても英語を習得したいという強い願望を抱くか、のどちらかだ。

このモチベーションを手に入れて初めて、あなたの中で英語が必要性のあるものとしてカタチを現す。そうしてはじめて地道な学習は実を結び、目に見える結果を生みだすだろう。成果がでれば上達する喜びを感じ、自然と次のステップを目指すようになる。

逆にこれがなければ、あなたにとって英語はいつまでもふわふわとした現実感のない遠い国のお話だ。あなたの心の奥に昔からある英語への憧れを、ネットや書籍の帯の気の利いたセールスコピーによって一定周期で刺激される度に、「今度こそは」と奮起させられる。そしてその都度、ほんの少しつまづいただけで挫折してしまう。

 

今回は、あなたを英語に向かわせる動機付けについて書いてみたい。そのためにこのエントリーでは、英語を使えたら何がいいのか、もしくはこの先英語が使えないとどうなるのか、そういう側面に触れてみたい。うまく刺激できればいいのだけれど。

 

f:id:mtasam:20160526190735j:plain 

1.皆ができない中、英語を習得できれば人材としての価値が高まる

正直なところ、日本で日本人に対し英語の商売をするのはおいしい話だ。

単なる翻訳ではなく、専門分野にプラスして英語で付加価値を付けられるような分野ならベストだ。一定の需要はあるが競争が少ない。Webの世界は最たる例だ(次項で詳述)。

日本人の多くが英語が苦手という状況の中で、今あなたが勉強を始め英語を習得すれば、あなたのビジネスパーソンとしての価値は確実にあがる。

代えの利かない人材になれる。英語ができれば、いま所属している組織にぶらさがらなくていい。英語はみんなが羨む武器だ、他でも評価される。

下の3つの選択肢があるとするなら、どれを選ぶだろうか?

 

多くの人が英語ができない今、先駆けて英語を習得し勝ち組に入る。
多くの人が英語を使えるようになったときに、右に倣えでみんなと一緒に頑張る。
多くの人が英語を使えるようになったときでも英語を習得せず、窓際に向かう。

 

とにかく1年間真剣に英語と向き合って取り組めば、1年後にはかなり多くの人が眼下に見えるだろう。覚悟を決めてやってみないか。

 f:id:mtasam:20160526191000j:plain

 

2.日本国内の英語の仕事が優先的に取れる(稼げる)

IT/Web絡みは常に欧米社会(≒米社会)が一歩先をゆく世界である。そのため、情報の流れはどうしても世界→日本となる。ネット上の情報の約55%は英語で書かれているのだ。

特に、最先端にいるITエンジニアほど英語の必要性を痛感しているのではないだろうか。ある情報を引き出すとき、日本語で検索するより英語の方が情報量が豊富だ。英語でしか情報がないときもある。

いま流行のWebメディアでみてみよう。海外サイトから日本に情報が紹介されるとき、間に入って翻訳したりキュレーションしている人達がいる。英語で情報を仕入れてまとめ、日本語で発信する彼らの情報は、日本人にとって貴重で喜ばれる。英語で書かれた海外サイトに自らアクセスする人が極端に少ないからだ。結果、彼らが運営するWebメディアは人を集め、PVを稼ぎ、そして繁栄する。

 

 

英語で稼げるのは別に2次元の世界に限った話ではない。

今、多くの外国人観光客が日本に来ている。東京オリンピックもある。政府は2020年までに訪日外国人目標を当初の倍の4000万人に設定している。中国の成長鈍化、円高回帰の兆しの中でどれくらい目標に近づけるかはわからないが、現地点でも確実に英語力の需要は高まっている。

実際、ぼくも今この恩恵を受けている。ぼくはフリーランスでWeb制作をしているが、現時点でホテルの英文サイトの制作を4件請け負っている。外国人観光客増加に伴い、全国的に英文サイトの需要が高まっている。

ぼくはクライアントに提案するとき「英語の部分は全て請け負います」と言っている。英文原稿作成からサイト制作まで1人で済むのでクライアント側は楽だ。たいてい発注を決めてもらえる。

他にも同様のビジネスチャンスはいくらでもあるだろう。民泊関連を狙っている人達も英語はどうにかしなければいけない。外注するか自分でやるかだ。

まだ敵は少ない。でも1年後はレッドオーシャンかもしれない。

 

3.ITエンジニアは高給取りになれる可能性がある

日本のITエンジニアは地位が低い。「IT土方」と称されるくらいだ。ぼく自身も昔日本の企業でプログラマをしていたことがあるので、ハマったときのこの仕事の苛酷さはよく分かる。ぼくの場合はかなり待遇は保証されていた方だと思うが、それでも人間的な生活を考えたとき、「ここでずっとこの仕事は続けられない」と思っていた。(実際やめた)

それに比べ海外では、ITエンジニアは専門技術職として妥当な扱いを受けている。もしあなたがITエンジニアなら、海外で同じ職につけば高収入を得る可能性がある。シリコンバレーは飛び抜けているので別にしても、他の先進諸国でもITエンジニアは十分に高給取りに入る部類だ。実際、日本から海外に飛び立っている人もいる。なにより人間的な生活が送れる。

 

 

英語を身に付ければその入口に立てる。
日本のIT土方も、ついにホワイトカラーになれる日が来るのだ。

 

一例として、ぼくが移住したニュージーランドの高給な職種ランキングの上位を以下に挙げておく。示した給料の数値は中央値で、IT関連職は赤で強調した。一位はIT職で医者以上、その下にもIT職がずらりと並ぶ。 

Information technology systems architect ー $125,000
Information technology manager/project manager ー $115,000
Commercial real estate agent ー $115,000
Doctor/specialist ー $105,000
Information technology consultant ー $105,000
Information technology sales representative ー $105,000
Information technology security specialist ー $105,000
Engineering manager ー $105,000
Bank, finance and insurance manager ー $100,000
Energy engineer ー $95,000
In-house counsel (law) ー $95,000
Property consultant and valuer ー $95,000
Corporate institutional banker ー $95,000
Information technology business systems analyst ー $95,000
Marketing, media and communications manager ー $95,000

Highest-paying jobs - CAREERSNZ

ただし海外に出る場合は、日本で最低でも5年のキャリアははあったほうがいい。

 f:id:mtasam:20160526195731j:plain

 

4.英語で発信すれば世界から仕事がくる

もしあなたが特殊な技術を持っていて、それを英語で発信することができるならば、世界中から仕事がくる可能性がある。近年、日本のモノづくりに対する世界の関心は高まるばかりだ。世界にアピールできるメード・イン・ジャパンの製品や技術は山ほどある。金魚、錦鯉、盆栽などはもうすでに有名だろう。 

 

 

ただ日本人は営業が苦手だ。世界からは注目されているが、未だ日本から積極的に発信している人は少ない。

英語がネックになっているのだ。もしあなたが特殊技能をもっていなくとも、Web上で英語で発信する力があれば、技術をもつ誰かと手を結び、世界との間にはいって世界中から集客する商売ができる。

ぼく自身は海外で料理に携わっていたこともあるので、日本製の本職用包丁の海外需要はかなり高いことを知っている。誰かWeb上で販売をやらせてくれないかと本気で考えている。

 

5.人生の選択肢を広げられる

ぼくは今日本でWebの仕事をフリーでしている。その前は8年海外にいた。そして近い未来、いま日本で得たWebの仕事を持ってニュージーランドに戻ろうと計画している。

ニュージーランドの永住権は一度取得すれば一生有効で、永住権保持者は入出国と滞在に制限はない。社会保障も現地人と同等に受けられ10年滞在すれば年金も受給資格が得られる。(※ニュージーランド永住権はかなり特殊)

 

10年前に日本を飛び出したときには、自分が他国の永住権保持者になるなんて想像すらしなかったことだ。あのときから考えればおそろしく世界は広がった。

別に同じことは勧めているわけではない。ただ、海外移住はしなくとも英語を身につけておいて全く損はない。

いま属している会社、いま住んでいる土地や国といったもの縛られなくてすむ。多くの人は、歳を重ねるにつれ、世間の目や責任に縛られ身動きがとれなくなる。ある一定の年齢を過ぎたとき自分の中に明確な武器を持ちあわせていなければ、人生が詰んでしまう。

今のうちに武器を手に入れよう。それもできるだけ色んな場所で使えて、色んな国で使えるような汎用性の高い武器を。

 f:id:mtasam:20160526194909j:plain

 

6.子供にかっこつけられる

今30代後半~40代のあなたは、英語を身につけなくても逃げきれるかもしれない。

ただ、20年、30年後はどうだろう。あなたに英語は関係なくとも、子供の世代はあなた以上に関係がある可能性が高い。英語が必須の世の中で、子供達は必死になって使える英語を身につけなくてはいけないかもしれない。

もしそうでなくても、子供が海外に出たいといいだしたら。

 

もしそうなったとき、きちんと応援してあげれられるだろうか。少なくとも「海外なんて」「英語なんて必要ない」といって子供の選択肢を狭めてはいけない。足を引っ張ってはいけない。

 

そうではなく、あなた自身が子供の前に立ち、英語はこうやって話すんだと教えられれば、それは凄くかっこいいことじゃないだろうか。

 

最後に

日本人にとって英語は習得の難しい言語だ。
しかし明確な目標を設定し、正しい方向に継続的にアプローチを続けられれば、勤勉な日本人はきっと結果をだすことができる。そしてその先は世界に繋がっている。

 

 

モチベーションが湧いたら、次は良質な手段の選択だ。こちらのエントリーにまとめてある。

 

lifeiscolourful.hatenablog.com

 

lifeiscolourful.hatenablog.com