Life is colourful.

Inspire yourself

英語の文法チェックに!秀逸な英文校正ツール「Grammarly(グラマリー)」の使い方

「自分の書いている英文が正しいかどうかわからない。」 

英文メールやエッセイ(論文)を書いていると、よくぶつかる悩みである。
プライベートのSNS/メール上の英文ならまだしも、仕事や試験、または一般に公開される英文となると、文法的に正しい英語でないとまずい。

ネイティブに添削してもらうのが最良の方法だが、現実的に難しい。しかし、自分の書いた英文を疑い始めるとキリがなく、無駄に時間を浪費してしまがちである。その結果、結局あいまいなままで仕上げてしまう。

僕自身もこういうことを何度も経験してきているという背景もあるので、今回は、英語のライティングについて書いてみたい。前半では英文校正ツール「Grammarly(グラマリー)」の紹介・使い方、後半では効率的な英文メールのライティングのTIPS&勉強法について書いてみる。

 

後半で紹介しているこの本は、ビジネス英語を作成する上で非常に役に立つので、英文ライティングに悩んでいる人にはオススメの良書である。

Grammarly(グラマリー)とは

www.grammarly.com/

f:id:mtasam:20160725201252j:plain

英文を書く機会が多い人は、もうすでにご存知で利用している人も多いかもしれないが、「Grammarly(グラマリー)」という英文チェックサービスがある。無料版と有料版があるが、とりあえず無料版でも十分利用価値がある。

Grammarly自体は以前からあるサービスなのだが、最近は性能も改善されパワーアップしてきている。

公式サイトFree Grammar Checker | Grammarly

Grammarlyは250以上の文法ルールをもとに、英文を自動校正してくれる。スペルチェックや冠詞・前置詞のチェックはもちろん、冗長な言い回しの指摘や盗用度チェックまで、ととても便利なツールである。

僕も英文サイトのWeb制作をすることがあるのでよく利用している。

 

 

Grammarlyの使い方

Grammarlyの使い方として、大きく分けて3つある。 

1.オンラインサービス

Chrome、Firefox、Safariを使用している人なら、無料でGrammarlyのサイト内で文章校正サービスを利用できる。アカウントを作って管理画面にログインし、英文を入力または英文ファイルをアップロードすれば、自動的に文法チェックしてくれる(使い方詳細は後述)。

2.アプリをPCにダウンロード

Grammarlyのサイトから、別途アプリをダウンロードしてPCにインストールしてしまう方法もある(Windows用)。上述のとおり、GrammarlyのWebサービスはChrome、Firefox、Safariのみなので、これら意外のブラウザを使っている人はアプリをダウンロードしてPC上でGrammarlyを使用すれば、まったく同じ機能を利用することができる。

Grammarly for Windows | Grammarly

3.Chrome、Firefoxの拡張機能で英文入力リアルタイム

Chrome、FirefoxにGrammarlyの拡張機能をいれておけば、ブラウザ上での英文作成中にリアルタイムで文法チェックしてくれる。

f:id:mtasam:20170206231231j:plain

 

例えば、GmailなどのWebメールを使っているときやワードプレスで記事を作成しているときなど、常にGrammarlyが文法的な誤りを監視していて、文法ミスをすると警告が出て、校正のアドバイスが表示される。

f:id:mtasam:20170206231250j:plain

もちろん英文作成時だけでなく、日本語文章の中で英単語を使ったときもスペルミスをしていれば指摘してくれる。

ブラウザ上で英文作成する機会の多い人は重宝するだろう。

Grammarly for Chrome - Chrome Web Store

Grammarly for Firefox :: Add-ons for Firefox

 

 

Grammarlyの英文チェック精度

Grammarlyを使う手順を説明しつつ、その英文校正の精度をみてみよう。

まずは、GrammarlyのHPで登録を済まそう。

www.grammarly.com/

f:id:mtasam:20160725201252j:plain

 

登録後、GrammarlyのHPからオンラインでログインするか、アプリをダウンロードして管理画面にはいる。

そうすると、以下の画面から、新しい英文入力画面を開くか英文ファイルをアップロードすることができる。

f:id:mtasam:20160725201415j:plain

 

英文を入力すると下図のように自動的に英文が校正される。左の英文の赤字の下線部分が文法ミスの指摘箇所で、右側にその改善提案が表示されている。スペルチェックはもちろん、冠詞や前置詞の使い方など、細かく自動校正が行われている。待ち時間はほとんどない。

f:id:mtasam:20160725201502j:plain


また、Grammarlyでは同時に類義語(Synonyms)の表示もしてくれる。英文を書いていると、同じ単語や表現を繰り返し使いたくない(使えない)場面によく遭遇する。その場合、類義語辞典を引いて別の単語を拾わなければいけないが、Grammarlyでは単語を選択状態にしただけで、意味の近い単語を表示してくれる。これは便利。

下の例では、"authentic"の類義語が表示されている。

 

f:id:mtasam:20160725201542j:plain


有料版を利用すれば、さらに強力な英文校正サービスが受けられるので、以下のような人は試してみる価値は十分にあるだろう。

  • 留学中で試験や課題で英文を書く機会が多い人
  • IELTSなどの試験勉強で、ライティングスキルを伸ばす必要がある人
  • 英語で論文を書く技術者・研究者
  • 真剣にライティングスキルを勉強したい人

 

 

その他の英文校正サービス・ツール

Grammarly以外にも、英文校正サービスは色々あるので時間がある人は試してみてもいいだろう。

Ginger
1Checker
PaperRater
SpellCheckPlus
GrammarCheck

 

これらの中で、一番日本人の間でメジャーなのがGingerかと思う。そこそこ使える。Grammarly同様にChrome、Firefoxの拡張機能もあるので便利。しかし、Gingerを使ったことがある人ならわかるかもしれないが、正直その校正能力は物足りない。長文にも向かないというデメリットもある。

個人的な意見としてはGrammarlyが使い勝手、実力的に一番よいツールだと思う。

 

 

英文メールのライティング上達のTIPSと勉強法

便利な英文校正ツールを利用するにも、ある程度は自分で英文が書けるレベルに到達していなければ校正も何もない。

ビジネスで英文メールを書く人は、もう定形をたくさん覚えてしまった方が手っ取り早い。日本語でも同じだが、場面に応じたテンプレートを利用して表現や単語を少し変えていけばいいのである。

「よく使う言い回し」を毎回ネットで検索するのも時間の浪費なので、ビジネス例文集などを1冊買って手元に置くとかなりスピードが違ってくる。

ビジネス英文集は自分にあったモノで使い勝手がよければどれでも良いと思うが、ここでは「英文ビジネスEメール 実例・表現1200」を紹介しておく。

実用的でわかりやすく、かなりおすすめ。便利な定型表現が1200も掲載されていて、実例・例文とともに収録されているので応用もきく。

この本は、Z会が通信添削の実績を元に作成した実践的かつ精度の高いビジネス英文例文集の良書だ。

 

この本に掲載されているようなよく使う表現を、まとめてGrammarly内に保存していくことをおすすめする。

こうしてテンプレートを大量にストックしておけば、英文作成がより効率的になり飛躍的にスピードアップが図れるだろう。さらに文法チェックはGrammarlyが行ってくれるので、英文の精度も担保できる。

同様に、他の人(とくにネイティブ)が使った言い回しや、表現なんかも、こうして蓄積して再利用していけば、あなたの英文ライティングはどんどん上達していくだろう。

 

 

最後に

エッセイ(論文)などのライティング勉強法にも言及したかったが、長くなってきたのでまた改めて記事にしたい。

 

IELTSや技術/研究論文の執筆のためにライティングスキルを上達させたい人は、ネイティブの添削が最も効果的である。Lang8という言語学習をテーマにしたWebサービスがあるので、ネイティブとコミュニケーションをとりつつ、長期的な学習計画でライティングの実力を伸ばしていきたい人は利用してみるのもよいだろう。

参考Lang-8 For learning foreign languages

 

今回は、即効性のあるTIPS的なものを紹介したが、結局英語の基礎力をあげるためにはある程度時間をかけて文法をやらなくてはいけない。英文法の勉強に関しては、世界で最も支持されている最高の書籍あるので、これで勉強すると実践的な英語力が確実に身につく。詳しくはコチラを参考に。