Life is colourful.

Inspire yourself

「KENスクール」の卒業生が語るリアルな評判!口コミ、講座内容(講師、料金など)

rf:id:mtasam:20170603142145j:plain

僕はWebの仕事をしている。ホームページの制作、保守が主な内容だ。

Web制作の基礎は3ヶ月ほどスクールに通って学んだ。スクール卒業後もWeb制作会社に勤めなかったので、スクールで学んだことをベースにあとは独学で学んだ。

僕が通ったスクールは「KENスクール」。首都圏中心に全国展開しているWeb・IT専門の学校。今回はこのKENスクールの体験談を書いてみる。

ちなみに僕が選択したコースの内容は以下の通り。

コース:Webデザイン総合コース
内容 :HTML/CSS, Javascript/jQuery, デザイン(Ps/Ai), 制作フロー全般
費用 :50万円弱程度
期間 :3~4ヶ月(学習ペースは人による)
卒業後:インハウスWebデザイナーを経験した後フリーランス

Webデザイン総合コース(コース名は正確に覚えていない)は、初心者が1人でホームページを作れるようになることを目的としていたコースでWebスキル全般を学んだ。

※スクールに通うべきか独学すべきかを悩んでいる人はこちらをまず読んでもらいたい。

関連未経験からWebデザイナー・クリエイターに!Webデザインスクールで学べるスキルや経験をシェアします

なぜKENスクールを選んだか

f:id:mtasam:20170123195116j:plain

正直なところ、Webの基礎スキル習得に関しては、そうとうハズレを選ばない限りどこで学んでも大差はないと考えていたので、重視した点はそれ以外のポイントだった。

就職先の斡旋があった

KENスクールには就職サポートがある。他のスクールではあまりないんじゃないかな。

参考KENスクールの就職・転職サポート

Webデザイン総合コースを取ると、就職アドバイザーがついて就職に関するアドバイスやWeb業界の情報、就職先の紹介などをしてくれるので、安心感があった。

僕は一日も早くフリーランスになりたかったので結果的には利用しなかったけど、実際にキャリアカウンセラーもついて、卒業手前くらいには講師から「知り合いのWeb制作会社で働いてみない?」と誘われていた。

キャリアパスを一緒に考えてくれた

僕は入会前にのカウンセリングで「未経験からいきなりフリーランスなりたいんです」と相談した。今思えば、無鉄砲だった。

こんな特殊な人間に対しても面倒くさがらず何度もカウンセリングをセッティングしてくれた。現役フリーランスの講師をわざわざ呼んできて、フリーランスになるまでの道筋やスキルについて相談にのってもらえた。

そういう対応が良かった。

Web業界との繋がりが作れそうだった

KENスクールの講師は色んな属性の人がいて、現役フリーランスの講師もいた。そういう情報を入会前に教えてくれた。

実際に仲良くなった講師からは、Web制作業界の話やフリーランスに関する情報をもらえた。コネも知識も経験もなかった僕にとってはとても貴重な時間だった。

マンツーマン+マイペース進められる

KENスクールの授業は自由度が高くて、やる気があればドンドン進められる。この点がよかった。

僕は一刻も早くスキルを身に付けたかったので、他の生徒と一緒に決まった時間に講義を受けるというのは絶対避けたかった。

授業もマンツーマンで、講師との距離が近く質問しやすかった。

 

他のスクールと比べて

f:id:mtasam:20170603121917j:plain

(画像引用元:KENスクール横浜校

スクール選びの段階で、色んな学校に出向いて話を聞いた。

KENスクールは派手にネット広告も出していないので露出は少ないし、数あるWebスクールの中でもそれほど目立つ存在ではないけれど、他と比較して自分の中では「堅実」なイメージが定着した。

 

料金

高すぎず安すぎず。スクール選びで色んなスクールの料金を調べたが、その中でKENスクールは平均的だった。

通信講座などで激安のコースもある。これはやめた方がいい。逆に、異常に高いWebスクールもある。これは財布と相談しよう。ただ「高い=質が高い」でもないので注意。

Web・IT専門

KENスクールはWeb・ITに特化した学校なので講師・授業の質は担保されている。現役Webデザイナーの講師もいたし、あらゆるプログラム言語を教えられる講師もいた。

下で紹介する「極みグラフィック」などは、質の高いコースだった。

少なくともIT・Web専門学校のコースを選ぼう。色んなジャンルを取り扱っている学校のWebデザインコースは外れる可能性が高い。

無料体験レッスンがある

KENスクールには無料体験レッスンがある。これは絶対利用したほうがいい。授業の進め方やスクールの雰囲気は実際自分が椅子に座ってみなければわからない。

僕のときは、イラストレータ(グラフィックソフト)でデザインを1つ作った。「3ヶ月くらいしっかりやれば、こういうことができるようになる」という未来図が明確に描けた。

 

実際KENスクールの授業はどうだったか

KENスクールで学ぶときのポイントは、混んでいない時間を講師に聞いて、空いている時間に予約をいれることが重要。忙しいと講師も扱いが雑になるから。

授業の雰囲気、仕組み

KENスクールは授業を個人で事前予約して、マンツーマンで教えてくれるのが特長。この日にこの講義をやりますというカタチではないので、完全に自分のペースでスキル習得が可能。僕の場合は、通常1年弱かかるコースを4ヶ月で終えた。

ただ、マンツーマンといっても完全につきっきりではなく、他の生徒と並行して教えていることもあるので、「ちょっと待ってね」となる場合もある。

僕は小規模な横浜校だったので「全然見てもらえない!」ということはなかったけれど、大きな新宿校とかだ放置状態でイライラすることもあるだろう。

講師

講師はあたりハズレがあるけれど、これはどこの学校でも同じでKENスクールに限った話ではない。

当然ながら講師も研修を受けているので最低限の質は保たれているし、基本を学ぶには全然問題ない。中には凄腕の講師もいる。

自分の性格との相性もあるので、できるだけ自分が好感を持てる講師を選んで、質問したり教えてもらうのがいい。

授業内容

基本的にはテキストに沿って進むので、黙っていても基礎的な知識とスキルは身につくけれど、できれば自分で積極的に動いた方がスキルも伸びていく。

僕の場合は、基礎さえきっちり教えてもらえばあとは自分でやるというスタイルだったので、とりあえず学んだことは家で復習して、それプラス独学しながらわからないところは授業に持っていって、使える講師を呼んで頻繁に質問していた。

自分から深掘りしていけば、結構、講師も対応してくれる。

 

学校に通って身についたスキル

実際に僕がKENスクールで習ったWebデザインスキルの内容を以下に書いておく。

Webデザイン総合コースなので、Webサイトを1人で制作するために必要なスキル全般を学んだ。

デザイン

Photoshop・Illustrator(グラフィックツール)の基本操作・設定/色彩・配色理論/レタッチ(画像編集)/トレース/ロゴ制作/名刺制作/Web広告(バナー)デザイン制作/ホームページデザイン制作 など

HTML/CSS

HTML5/CSS3の基本/レスポンシブデザイン/オーサリングソフト(Dreamweaverなど)の使い方/FTP操作/Webサイト制作 など

JavaScript/jQuery

JavaScriptの基本文法/jQueryの基礎と組み込み方/アニメーションの実装/動的なWebサイトの作成

おすすめコース

一つKENスクールのおすすめをあげるなら「極」グラフィックProコース。

参考「極」グラフィックPro

僕の場合はデザインがド素人だったので、一刻もはやく最低限のスキルは身につけたかった。このコースでは、かなり厳しくダメ出しされ中々進ませてもらえず苛立つこともあったが、今振り返ればいいプレッシャーになっていた。

 

 

できるようになったこと

実際に、スクールに通っている間に作ったものを見てもらう方がわかりやすいので、以下に作品を掲載しておこう。

※今見れば、色々とツッコミどころも多い作品だけれど、未経験の人間が入門2,3ヶ月で作ったサンプルという優しい目でみてほしい。

広告バナー

学校で習ったことの復習のためによくバナーデザインを自宅で作っていた。

※実存する商標、企業名はボカしています。

f:id:mtasam:20170603125753j:plainf:id:mtasam:20170603125802j:plainf:id:mtasam:20170603125806j:plainf:id:mtasam:20170603125809j:plain

Webサイト

デザインとHTML/CSSを学べば、簡単なサイトは1人で作ることができるようになる。

f:id:mtasam:20170603124739j:plain

f:id:mtasam:20170603124752j:plain

 

Webデザイン学校の価値について

少し余談だけど、Webデザイン学校の位置付けについて。

詳しくはコチラの記事「未経験からWebデザイナーに!スクールで学べるスキルや経験をシェアします」でも書いているけれど、Webデザインスクールに2,3ヶ月いったからといってデザインのプロ、Web制作のスペシャリストには絶対になれない

スクールに通えば、独学に比べてWebデザインを体系的にかつ効率良く学べるけれど、どこまでスキルアップできるかは、結局、どれくらい自分が自分で考えてWebデザインの勉強をするかによる。

なので、学校に通うからといって頼りっきりにせず、独学も併行しながら講師に積極的に質問して、とにかく手を動かすこと、これが重要だ。

受け身で学んでいると最低限のスキルしか身につかず、学校への不満ばかりが募ることになるだろう。

スクールは利用するだけ利用して、吸収できるスキルや知識は全てもらっていくくらいの気持ちでのぞむとちょうどいいだろう。

 

スクール選びのポイント

スクール選びで大事なこと2点。

  1. 自分の目で確かめる(他人の口コミを信じすぎない)
  2. スクールに頼りすぎない

1. ネット上の評判や口コミだけで判断せず、自分で動こう

ネット上の口コミや評判はどうにでも書けるので、良い口コミも悪い口コミも信じすぎないように。

例えば、僕はこの記事ではかなり好意的に書いているけれど、他の口コミでは全く反対のことが書かれていることもある。

たいてい、どこのスクールも悪く書かれていることの方が多いのだけれど、悪い評判は、自分で勉強しなかった人達が腹いせに書いている場合も多いということも知っておこう。

2. 最終的には自分でスキルを伸ばしていく

学校に頼り過ぎる人は必ず失敗する。そして、必ず文句をいう。

上でも書いてきたけれど、スキルの習得は自分でするもの。どこのスクールを選んでも、学校は基礎の基礎を学ぶためのサポートをしてくれるだけだと思っておいた方がいい。

じゃぁスクールなんて行かなくて良いんじゃない?と思うかもしれない。そこら辺は以下の記事に書いているので参考にしてもらいたい。

関連記事未経験からWebデザイナーに!Webデザインスクールで学べるスキルや経験をシェアします

 

最後に

僕の場合はKENスクールを選んだわけだけれども、結局スクール選びは自分次第。

これからWebデザインをスクールで学ぼうと考えている人は、まず自分で資料を取り寄せて、学校に足を運んでカウンセラーに相談したり、無料体験レッスンを受けて比較した上で自分にあったスクールを選ぼう。

KENスクールに興味のある人はホームページ上から資料請求や無料体験レッスンの申し込みができるので、まずはパンフレットに目を通してみよう。

公式サイトKENスクール

(下の動画)KENスクールの様子や受講生の声が紹介されている。