Life is colourful.

Inspire yourself

スタディサプリ「新日常英会話コース」の効果は?リアルな評価と体験談

スタディサプリ「新日常英会話コース」

スタディサプリ「新日常英会話コース」

◆ オンライン英会話セットプラン登場!

ついに「英会話セットプラン 日常英会話版」がリリース!お得なキャンペーン中です!!

関連ページオンライン英会話が回数無制限!スタサプ英会話セットプラン登場!

 

スタディサプリENGLISH「新日常英会話コース」は2019年11月末にリリース。その後しばらく経ち、このアプリの評価も確立されてきた。

Appストアでは評価が4.5と巷の評判も良く、既存のTOEICコース、ビジネス英語コースと並んで人気が高まっている。

新日常英会話コースのAppストア評価

新日常英会話コースのAppストア評価

僕自身も現在、新日常英会話コースを使っている1ユーザーなので、リアルな体験談としてアプリの評価をまとめてみる。評判通りの英語アプリなのか!?実体験に基づき本音で使用感を書いていこう。

 

【最新のお得情報】

■ 1年パックなら料金がお得!
■ 月額2,178円1,738円
■ 1週間無料お試し
■ 返金保証あり

7日間無料で全機能利用可能なのでまずはお試しから。

 

 

 

学習時間900時間超え!リアル体験談

僕自身これまで、旧日常英会話コース時代も含めて現在41ヶ月学習を継続している。今では家族が寝静まった夜中に、一人でこっそり英会話の練習をするのがここ3年間の日課になっている。

総学習時間900時間、総学習回数9,000回超とかなりの勉強量になってきたので、スタディサプリENGLISHに関して、それなりに語れるくらいのレベルにはあるだろう。

スタサプ・イングリッシュの学習画面

スタサプ・イングリッシュの学習画面

 

 

スタディサプリの最大の魅力は「とことん話せる」こと

スタディサプリで英語学習

まず、スタディサプリ「日常英会話コース」の効果について。

このアプリは、「英語を話す力・聴く力」を集中的に鍛えるのが目的のツール。リスニングとスピーキングを徹底的に強化できる。

英語を話せるようになるには、話す・聴くを大量にこなさないといけない。今までの暗記中心の勉強では英語は話せるようにならない。

少し詳しく説明しよう。

スタディサプリで鍛えられる英語能力

このアプリでは「リスニング」「スピーキングの流暢さ」「発音」「英語話すの実践力」を鍛えられる。

これをチャート図で示すと下のような感じ。濃い青で示した部分がスタディサプリの得意分野。正直、語彙力とか英文法は他の教材でやったほうがいい。

f:id:mtasam:20180817234522g:plain

上の通り、リスニング・スピーキングを伸ばすツールとしては申し分ない。使ってみればその理由がわかるだろう。

日本人が「本当に強化すべき能力」を伸ばしてくれる

もう少し、スタディサプリEnglishの魅力を補足しよう。

たいていの日本人の英語能力は下の図のような感じで、文法・単語に偏っている事が多くバランスが悪い。今では多少、会話も取り入れられているようだけど全然量がたらない。

f:id:mtasam:20180817233352g:plain

これだと、絶対英語を話せるようならない。

もうずっと英語を勉強してきた人はわかると思うけれど、スピーキング力と実践練習が圧倒的に不足している

英語を話すために本当に必要な能力は、下の赤い部分も強化しないといけない。スタディサプリEnglishはこの未発達な能力をカバーできる。

f:id:mtasam:20180817233511g:plain

英語を話せるようになりたいなら、はじめから話す練習が必要。「一通り文法・単語を押さえてから」ではなく、学習初期から話すことを意識して、習うより慣れろで英語を口にして会話力の基礎を作ることが重要なのだ。話す練習をしていれば、「もっと上手く話すためには文法や単語が重要なんだ」とおのずと気づく。

そのアウトプットトレーニングをサポートしてくれるのがスタディサプリである。もちろん、それ用に設計されているので効果は抜群。

英語を話すことは脳に大きな負荷がかかるので初めは辛いけれど、日々少しずつでも英語を話せるようになれば、「英語って楽しい」という気持ちが生まれてくる。

 

 

で、このアプリで英語を話せるようになるの?効果的な勉強法

上述の通り、「日常英会話コース」は日本人の英語力の弱点を完全にカバーできるアプリなので、一定の学習量を保って3ヶ月以上継続すれば必ず英会話力UPできる。

まずは3ヶ月!効果を実感できるはず

とにかくまずは3ヶ月継続しよう。おそらく初めの3ヶ月間は効果はほぼ目に見えない。でも我慢して続ける(ここで挫折する人が9割以上)。

そして3ヶ月経った頃、ある日突然グンと伸びて「あれ、今日はなんかよく聴きとれるっ!」という日がやってくる。いわゆる学習のブレイクスルー。

僕が実際に体感した効果はこの2つ。

  • 細かい音に対して敏感になった
  • 話すときの流暢さも以前に比べ格段に良くなっている

特にスタディサプリ学習でまず効果を実感できるのがリスニング力の向上。他のユーザーの口コミでも同じようなコメントが多い。これはディクテーション機能の効果が大きい(詳細後述)。

「話す」を意識しよう

3ヶ月といったけれど、一定の学習量は必要。1日10分を3ヶ月やっても意味はない。また、単語チェックや解説動画だけ見てやった気になってもダメ。これでは3ヶ月後に効果は出ない。

少なくとも毎日1時間、話す練習をしよう。毎日同じ時間に学習して、ルーティンとして習慣にするのがおすすめ。

せっかくの「話すアプリ」なのだから、常に英語を話すことを最優先にしながら学習して、細かい単語や文法のチェックに時間を浪費しすぎないように気をつけていれば、着実な成果が得られる。

半年継続できれば波にのれる

順調にいけば、1ヶ月目で徐々に英語を日常的に話す・聴くことに慣れはじめる。もちろんスタートの英語力によるけれど、3ヶ月目には目に見える効果が表れる。

リスニング・スピーキングの基礎となる英語の発音や音のつながりを体が覚え、自信が持てると同時に、英語を話す恥ずかしさも消えていく。

半年継続すれば、英会話力の上達を明確に実感できるだろう。ここまでいけば、脱初心者。オンライン英会話などの実践と併行してもいい。 

継続を支えるのはモチベーション。「絶対話せるようになる」という意思が大事である。

 

 

新日常英会話コースの評価【五段階評価】

スタディサプリ「新日常英会話コース」

スタディサプリ「新日常英会話コース」

ここから、新日常英会話コースの具体的な評価に入っていこう。

まずわかりやすい結論として、スタディサプリイングリッシュ「日常英会話コース」の五段階評価は以下の表の通り。

  評価
総合 ★★★★★ 4.5
料金 ★★★★☆ 4.0
ストーリー ★★★★★ 5.0
解説動画 ★★★☆☆  3.0
リスニング ★★★★★ 5.0
スピーキング ★★★★☆ 4.0
リーディング ★★☆☆☆ 2.0
ライティング ★☆☆☆☆ 1.0
語彙力・文法 ★★★☆☆ 3.0
試験対策(TOEICなど) ★★★☆☆ 3.0
初心者向け ★★★★☆ 4.0

総評(評判と効果)

一言でいうと、会話力を磨くための英会話アプリとしては最高。

新日常英会話コースは「話す・聴く」力を徹底的に鍛えるアプリなので、会話力の向上は間違いない。

以下のような人達には効果が高いだろう。

  • 海外留学、海外移住をする
  • 仕事で海外出張する
  • 海外からの外国人相手に英語を話したい

一人の時はスタディサプリで独学して、それプラス英会話レッスンなどの実践を混ぜていけば話す力は着実に伸びていく。

逆に、読み書き、試験対策用(TOEIC、英検、IELTSなど)としては効果的とは言い難い。

細かい各項目の評価は以降にまとめた。

 

 

新日常英会話コースの詳細な評価

◆ 料金

まず料金に関して。

  • 1ヶ月プラン:月額2,178円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,958円(税込)
  • 12ヶ月プラン:月額1,738円(税込)

無料の英語アプリが星の数ほどある中で、月額1,738円〜は高いと感じるけれど、無料アプリをはしごするのは時間を浪費する。質の担保された1つのアプリを信じて、「英会話を身につけるための投資」と考えれば、半年〜1年で1,2万円は高くない。

いずれにせよ、無料体験が1週間あるのでじっくりお試ししよう。また、スタディサプリはキャンペーンをよくやっているので、これをうまく利用するとよい。キャンペーン中だとさらに割引になったりキャッシュバックがある。

【最新のお得情報】

■ 1年パックなら料金がお得!
■ 月額2,178円1,738円
■ 1週間無料お試し
■ 返金保証あり

7日間無料で全機能利用可能なのでまずはお試しから。

◆ ストーリー

ストーリーは面白い(詳細後述)。有名な脚本家が制作したドラマ式レッスンとなっていて、やればやるほど時間を忘れストーリーにハマっていくという仕掛け。(英語は教材が面白いと継続できる。)

実戦で使える便利でカジュアルな日常フレーズが豊富に収録されているけれど、人によって好みもあると思うので、やはり一度お試しで内容を確認するのが良いだろう。

◆ 解説動画

ネイティブのプロ講師が各レッスンのキーポイント(重要表現)を動画でわかりやすく解説しつつ、日常英会話のエッセンスを伝えてくれる。

だが、個人的にはあまり重要な機能ではないと思う。スタディサプリは「とにかく話すアプリ」なので、あくまでおまけ的な存在。

「TOEICコース」の関先生の動画講義(神授業)はすごかったけれが、それに比べると内容的にも物足りなさを感じる。

◆ リスニング

リスニングとスピーキング強化に関しては、さすがに★5つの最高評価。(話す&聴く力をつけるためのアプリだから当然だけれど。)

特に「ディクテーション」はリスニング力を伸ばすのに抜群の硬貨を発揮する。実際に僕も精聴力の向上を実感できた。後述するが、ディクテーションを3ヶ月継続すると効果が明確に表れる。

◆ スピーキング

「瞬間発話プラクティス」では英会話力UPに必須の「瞬間英作文力」が磨けるので、英会話の総合力をグッと伸ばすことができる。

◆ リーディング・ライティング

このアプリには、読み書き能力の向上を期待してはいけない。リーディング、ライティングを集中的に学びたいなら他の教材をおすすめする。

スタディサプリ新日常英会話コースは、あくまで「話す・聴く」を伸ばすことに特化した英語アプリ。

◆ 語彙力・文法

語彙力と文法に関しても低評価。僕がこのアプリに求めていないのもあるけれど、単語や文法をしっかりやりたい人は物足りなさを感じるだろう。

ただ、単語チェックは毎レッスンあるし、基礎英文法の解説動画も実装されているので、基礎的な単語・文法をさらっと学習するにはいいけれど、効果は限定的。

繰り返しになるけれど、スタディサプリ新日常英会話コースは、あくまで「話す・聴く」を伸ばすことに特化した英語アプリ。

文法を体系的に学びたいならTOEICコースがおすすめ。

◆ 試験対策

TOEICや英検、受験などの特定の試験対策としては全く向かない。

「新日常英会話コース」でも、リスニングは大きく伸びるので結果的に試験のスコアアップに繋がる可能性は高いが、即効性のある試験勉強にはならない。

TOEIC対策なら「TOEICコース」や「TOEICパーソナルコーチプラン」が効果 大!

関連ページ【33ヶ月経過】903時間使ったスタディサプリ TOEIC の評判と効果まとめ

関連ページ3ヶ月間 TOEIC パーソナルコーチプランで勉強した効果

◆ 初心者向け?

英語初心者でも全く問題ない。

レベルは4段階あり、レベル1のレッスン1は簡単な自己紹介から始まり、"I'm Nao. Nice to meet you."程度の会話になっている。

初心者ならまずはレベル1を徹底的に反復学習すれば、少しずつ話す力はついていく。

◆ デメリット・イマイチな点

このアプリのデメリットは以下の通り。

  • 毎レッスンダウンロードが必要で通信量大
  • 「シャドーイング」機能がない
  • 「なりきりスピーキング」機能がない
  • 文法を体系的に学べない

欠点・デメリットについて詳しくは後述。

◆ 総合評価

総合して
「日常英会話を学ぶためには、とても良くできたアプリ」
と結論づけられる。

特に会話力を磨くという点においてはかなり秀逸で、スタディサプリで「英会話力がアップした!」というユーザーが多いのも納得できる。

1週間無料でお試しできる点もユーザーに優しい。

【最新のお得情報】

■ 1年パックなら料金がお得!
■ 月額2,178円1,738円
■ 1週間無料お試し
■ 返金保証あり

7日間無料で全機能利用可能なのでまずはお試しから。

 

 

新日常英会話コースの機能紹介と学習のポイント

では実際、具体的にどう実現してくれるのか?新日常英会話コースの機能面について詳しく解説していこう。

アプリには以下の通り、豊富な機能が実装されている。

以降で、上の機能を1つずつ紹介しながら、1ユーザーとしての評価、感想、実感した効果などを付け加えていく。 

 

 

ビジネスシーンのドラマ式レッスン 

日常英会話コース「ドラマ式レッスン」

飽きずに継続できる「ドラマ式レッスン」

新日常英会話コースの各レッスンは、連続TVドラマのようなストーリーに沿って進められ、飽きずに学習が続けられるよう工夫されている。ストーリ制作は、「ごくせん・ナースのお仕事」等のなどを手掛けた江頭美智留氏が担当している。

日常英会話コースということで、友人との会話、職場、休日などのカジュアルな日常が舞台となっている。ストーリーを追っていけば、自ずと日常で必要な英語力を身につけられる流れになっている。

Q&A形式の「内容理解クイズ」で理解度をチェックでき、「会話チェック」機能で反復して復習できる。速度調整もできるので、自分のレベルにあわせて学習を進められる。

 

 

英語プロ講師の「神授業」

新日常英会話コース「神授業」

キーポイントを「神授業」で解説

TOEICコースで話題となった「神授業(動画講義)」が、新日常英会話コースでも引き継がれている。

ネイティブの英語講師によるポイント解説

解説動画の担当講師は、ベストセラー英会話書籍の著者スティーブ・ソレイシィ氏。

スティーブ・ソレイシィ氏

プロフィール:
米国フロリダ州サラソタ出身。ソレイシィ研究所の代表として 日本の「英語が使える国の仲間入り」を目指した英語教材の企画開発、 英語教授法の研究と人材育成、英会話コーチ、セミナー、講演などを行なっている。BBT大学教授。

著書:
『英会話タイムトライアル』ーNHKラジオ第二放送
『英会話なるほどフレーズ100』ー38万部突破のベストセラー

ネイティブの講師だけれど日本語も上手で、英語と日本語をうまく織り交ぜつつ丁寧にゆっくり解説してくれている。 動画は全て1分程度で、レッスン毎のキーフレーズを解説してくれる。 補足として、解説テキストも用意されているので、動画+説明文でより理解が深まる。

 

ディクテーションでリスニング徹底強化

新日常英会話コース「ディクテーション」

「ディクテーション」でリスニングが飛躍的に向上

 スタディサプリユーザーの間で好評となっている「ディクテーション」。すっかり定番の機能になり、新日常英会話コースでも採用されている。

このディクテーションを継続していくとリスニング力が驚くほど向上することが証明されている。スタディサプリのユーザー統計でも多くの人が「平均2.8ヶ月で効果を実感」したとコメントするのがこのディクテーション機能。

1文字残らず「書き取る」意識が「精聴力」を強化する

ディクテーションは、耳で聴いた英文を全て書き取る練習。聞き取れなければ何度も何度も同じ音声を繰り返し聞く羽目になるので、恐ろしく脳に負荷のかかるトレーニングになる。

1文字も聞き漏らしてはいけないというプレッシャーの中でリスニングをするので清聴力が鍛えられる。結果的に、この繰り返しの過程が精聴力を鍛え、一定量こなすと一気にリスニング力が花開く。

ディクテーションは本当にしんどいけれど、3ヶ月後に得られる効果を考えると、やって損はない。

 

リード&ルックアップで英語の音を習得

新日常英会話コース「リード&ルックアップ」

「リード&ルックアップ」で発話トレーニング

「リード&ルックアップ」は、スピーキングのトレニーングを行う機能で、日本人が苦手な「話す」を徹底強化するのを手伝ってくれる。

目で見た英会話文を実際に口にして、録音した自分の英語を確認してまた発話する、これを繰り返す。これによって英語を話すことへの抵抗感を取り除き、徐々に英語を話す自分に慣れていく。

スピーキングのトレーニングに慣れていない初心者の人でも、大丈夫。解説動画もきちんと用意されているので問題なく取り組めるだろう。

 

 

「瞬間発話プラクティス」で会話力強化

新日常英会話コース「瞬間発話プラクティス」

「瞬間発話プラクティス」で実践力を養う

「瞬間発話プラクティス」機能は、いわゆる「瞬間英作文」。日本語の訳文を見て即座に英語に翻訳して話す練習のこと。

瞬間英作文を素早くできるようになると、スラスラと英語を喋れる人になる。

要するには、日常会話に必須のキーフレーズを脳内にたくさんストックすることによって、実戦力が養われる。

瞬間発話プラクティスがなぜ効果的か

なぜこのトレーニングが効果的かもう少し詳しく説明しておこう。

実際の英会話というのは、この「瞬間英作文」の連続。英語を話すとき、人の脳では以下のプロセスが行われる。

  1. 言いたいことが浮かぶ
  2. 日本語から英語に変換する
  3. 英語で喋る

英会話初心者は②で時間がかかる。文法は正しいか?適切な表現か?と考え込んでしまう。

②の時間を短くするためには「英語を話した経験」が必要となる。一度話したことがあるフレーズならば、2回目はスラっと出てくる。何度も話せば無意識に出てくるようになる。

TOEICができても英語が話せないというのも同じで、やっぱり②が問題。「英語を話した経験」が足りないので、知識がスキルになっていない英会話初心者。

この瞬間英作文の練習量をこなすせばこなすほど、英語を話すことに慣れ、「日本語での思考」時間が短くなる。英語が流暢な人は②の時間が極端に短い人のこと。まるで日本語が介在していないかのように話す。(ちなみに、帰国子女のように幼少期に海外で育った日本人は②のステップ自体がない。)

 

 

スタディサプリ×実践英会話(QQENGLISHと提携)

スタディサプリ✖️実践英会話

スタディサプリ×️実践英会話

スタディサプリはQQENGLISH(オンライン英会話スクール)とタッグを組んで実践の場を提供している。前作のビジネス英語コースに加え、新日常英会話コースのカリキュラムも教材として、対人で英会話トレーニングができる。

スタディサプリENGLISHは、会話中心のアプリだけれど、対人の実戦ができないのが最大の弱点の一つだったので1つの解決法として提供されている。

アプリの独学とオンライン英会話による実戦で、英語学習のインプット、アウトプットをバランスよく学習できるサービスになっている。

日本人は、どうしてもアウトプットを敬遠しがちだけれどやはり英会話上達のためには実践は必須。気軽に実践の場にアクセスできるようサービス提供されているのは、大きなメリットだろう。

 

 

新日常英会話コースの残念なポイント

新日常英会話コースは、残念なポイントもいくつかある。特に、他のコース、旧日常英会話コースと比べて、いくつかの機能がなくなっているのが大きなデメリット。

シャドーイング機能がない

TOEICコースやビジネス英語コースには「シャドーイング学習」があるが、新日常英会話コースには実装されていない。

シャドーイングは、耳から入ってきた英文を即座に発音する練習のこと。簡単にいうと「マネして話す」練習。通訳者になる人も実践するトレーニング手法の一つで効果も実証されている。

英語を英語らしく話せるようになるためには、発音、アクセント、抑揚、リエゾン、チャンクといった要素の理解&習得がとても重要で、シャドーイングはこれらを効果的に身につけられる最適な学習法なだけに、採用されなかったのは残念。

なりきりスピーキングがなくなった

旧日常英会話コースには「なりきりスピーキング」という機能があり、AIが学習者のスピキーングを自動で判定し発音矯正を行ってくれた。

この機能は「アプリ相手にとにかく話し倒す」には最適で、失敗を恐れず何度も何度も繰り返しスピーキングの練習をするには最強のツールだった。その代わりに「リード&ルックアップ」機能があるわけだけど、スピーキング練習の学習強度としては弱い、というのが本音。

機能が増えすぎて、なんでもアプリになりつつある 

スタディサプリがユーザーからのフィードバックをもとに頻繁に機能追加してくれるのは嬉しいし大きな特長なのだけれど、逆に安易に機能を取り込み過ぎて本来の「強み」を失いつつある。

日常英会話コースはもともと「日本人の弱点であるアウトプット(英会話)を徹底強化してくれる英語アプリ」としてリリースされ、それが支持されていた。でも今では、「基礎英単語」「基礎文法」「1分クイズ」といったインプット学習機能まで提供するようになった。

なんでもできることを喜ぶユーザーもいるとは思うけれど、当初の「英語話せるようになるためのアプリです!」という強いスタンスは薄まり、角の取れた総合英語学習アプリになりつつある。(ユーザーが増えれば仕方ないのかもしれないが…)

 

 

4つの英語コース、目的に合わせてスタディサプリを使い分ける!

4つのスタディサプリ英語コース(日常英会話/ビジネス英語/TOEIC/パーソナルコーチ)

4つのスタディサプリ英語コース

日常英語ではなく、ビジネス英語、TOEICなどに特化した学習をしたい人は、各専門コースを選ぶことをおすすめする。

新日常英会話コース含め、スタディサプリには4つのコースがある。

  • 新日常英会話コース
  • TOEIC対策コース
  • TOEICパーソナルコーチプラン
  • ビジネス英語コース

漠然と「英語が上手になりたいな」という気持ちではなく、明確な目的をもって英語学習を進めた方が、間違いなく効果は高まる。

 

他のコースの体験レビューは、それぞれ各コースごとに別ページで解説しているので、ご自身の目的にあわせて以下をご参照してもらいたい。

『ビジネス英語コース』仕事で使える英会話を習得

『TOEIC対策コース』神授業でスコアUP確実!徹底解説!

『パーソナルコーチプラン』3ヶ月で【TOEIC200点UP】

ビジネス英語コース、TOEICコースなら旧日常英会話コースが無料で使える

ビジネス英語コース、TOEICコース、この2つのコースを受講すれば、旧日常英会話コースが無料でついてくる。

正直なところ、日常英会話を学ぶには、旧コース&新コースどちらでも効果は同じだと思っている。むしろ、上述の通り(個人的な意見だけれど)、旧日常英会話コースは「なりきりスピーキング」機能があり、「話すアプリ」という点においてはかなり秀逸なので、こちらが好きになる人も多いだろう。あえて日常英会話は旧コースで学習するという方法も一つの選択肢。

 

 

最後は自分で試してみて判断

日常英会話コースに関して、ネットの評判・口コミをみれば賛否両論あるけれど、結局は自分で試してみないことにはわからない。

試すにも「時間がもったいない」と思う人もいるかもしれないが、そこら辺の無料の英語アプリとは違って、スタディサプリENGLISHはすでにある程度実績もあり、多くの人が支持している英語アプリなので、少なくとも一度は試す価値はあると思う。

スタディサプリの英語シリーズは、全アプリ1週間の無料体験期間が用意されているので、気軽に新日常英会話コースを試してみよう。自分の学習スタイルに合わなければ1週間以内にやめればOK。

【最新のお得情報】

■ 1年パックなら料金がお得!
■ 月額2,178円1,738円
■ 1週間無料お試し
■ 返金保証あり

7日間無料で全機能利用可能なのでまずはお試しから。

 

 

新日常英会話コースを始めた人たちの評判・口コミまとめ

TwitterなどSNS上ではスタディサプリ新日常英会話コースを始めた人達の声がぞくぞくとアップされてきています。  

Twitter上での口コミ

 

iOS/Androidアプリストアでの口コミ

評価:★★★★☆
Lv1のLesson3まで進めた所での評価となります。 ゲーム感覚ではなく学習を主に置いた王道系の学習コンテンツです。 これからもどんどんコンテンツが増えるとの事でとても楽しみです。 【良い点】 ・任意の場所にでは無いですが学習項目の後にメモ書き出来るようになってる箇所があります。(メモ書き一覧が見れてそこに飛べる等々あればなお良し) ・前作の日常会話よりも設問と設問の間の演出が減ってスムーズに進むようになっていて余計なストレスがなく使いやすいです。 ・復習チェックを入れられるようになってて後で見直しやすくなっていました。 【残念な点】 ・SE設定にマイクの音量調節がありますが何故かMAXにしても録音される音量が小さくて聞き取り辛い(機種はXPERIA1余計なカバー等外した状態) 【要望】 ・キーフレーズチェックの動画音声が小さいので学習中のアプリの音声の大きさと揃えてもらえると嬉しい。 ・前回の日常会話アプリにあった『オートリスニング』もつけてもらえると嬉しいです。 ・発音チェックも欲しいです。 期待しています。
評価:★★★★★

v1から勉強しています。別アプリのビジネス英語コースも体験しましたが、自分の用な初学者には新日常英会話コースがぴったりだと思いました。単語クイズやディクテーションの出題問数も丁度よいです!毎日の英語学習がはかどりそうです!

評価:★★★★☆

以前のものよりも、ストーリーが面白いので、楽しく学習できています。 ただ、移動中にリスニングができるように、全ストーリーを聞き流す機能があると嬉しいです。

評価:★★★★★
聞き取りやすい会話で1つのトピックも短時間でできて面白いです。 自分の発音とお手本の発音が比較できるのが良いと思いました。
評価:★★★★★
過去の日常コースからすでに3年以上お世話になっていますが、これほど良いアプリは無いと思います。

 

スタディサプリ運営陣、教育系NEWSからのコメント