Life is colourful.

Inspire yourself

英語なしで海外移住?なんて無理だから今スグ「海外で使える」英会話力を学ぼう

f:id:mtasam:20170708214325j:plain

このブログでは何度も書いているけれど、「英語が話せない」「英語が苦手」で海外に移住して生活なんてできるはずがない

滞在することは可能かもしれないが、まともな生活はきっとできない。

そこらへんの厳しさは以下の記事にも書いているので参考にしてほしい。

関連移住経験者が現地でみた海外移住で失敗する日本人の共通点

 

この記事では、「海外で使える英語」を日本で勉強するときに気をつけたいこと、英語の勉強のヒントなんかを書いておこう。

「使える英語」を意識すること

海外に移住して英語圏で生活をするなら、英文法や英単語を知っているだけでなく、英語を使えることが大事だ。

英語を話せて聴けて意思疎通できること。

TOEICや受験英語のように点数を取ることが目的じゃないので、今まで学校で習ってきたような英語では通じない。ほとんどの人は全く話せないハズだ。

海外に出るなら、英語を使えることがなにより大切。こまかい文法のミスや発音の悪さなんて、はじめは気にしなくていいいから、まずは「話せて聴ける」英会話力を意識しながら日本で勉強しよう。

 

使える英会話力に必要な6つの能力

まず、使える英会話力について解説しておこう。チャートで説明するとこういう感じになる。

f:id:mtasam:20170708142749g:plain

要素に分けると上の6つの能力に分解できる。一番下の「実践的知識」以外は意味はわかるだろう。「実践的知識」とは、簡単にいえば「経験値」だと思ってもらえばいい。

この6つの能力を意識して高めることができれば、使える英会話力を身につけられる。

以下で、これらの能力を伸ばすヒントを解説していこう。

 

「話す」と「聴く」を優先しよう

上のチャートをもとに、典型的な日本人の能力と学習の方針のヒントを説明する。

典型的な日本人の能力チャート

多少の個人差はあるものの、普通の日本人の英会話力チャートは以下のようなるだろう。

f:id:mtasam:20170708144926g:plain

ひと目でわかるように、語彙力(英単語)と英文法に偏っている。図の左側の英語を話すための能力に関しては皆無といっていいだろう。

TOEICや受験英語を中心に勉強してきたら、こうなるのは普通だ。リスニングも多少強い人はいるかもしれないが、もちろん海外生活に十分なレベルではない。

単語だって不十分だ。不十分というか方向が違う。

日本語でも同じだけれど、日常会話は「くだけた言葉」で話されている。これまで学校で習ってきた単語は堅苦しいフォーマルな単語や表現ばかりだ。

この辺は、以下の記事で詳しく書いているので参考にしてほしい。

関連記事【英語の勉強】日本人英語の弱点分析と改善のための学習アプローチ

英語を話す練習が圧倒的に不足

もう言いたいことがわかっただろうか。

とにかく、チャート左側の部分(リスニングとスピーキング)を優先的に鍛えよう。話せて聴けなければ、英語で会話することはできない。

f:id:mtasam:20170708152855g:plain

英語を使えるようになりたいなら、自分で英語環境をつくって、とにかく話す・聴くの機会を増やすことが何より大事だ。

 

英会話力をあげるなら『スタディサプリEnglish』

  • 話す・聴くを集中的に鍛える
  • いつでもどこでも英語に触れられる英語環境を作る

これらを実現するのにぴったりの英会話アプリがあるので紹介しておく。

スタディサプリEnglish

https://eigosapuri.jp

スタディサプリEnglishの魅力

僕が今まで色々試した中で、最高のアプリだと確信している。もちろん今もずっと使い続けている。

このアプリの英会話力チャートは以下の通り。会話力を伸ばすには理想的だ。

f:id:mtasam:20170708151701g:plain

このアプリで半年ほど英語学習を継続すれば、リスニングとスピーキングはかなり伸びる。

『スタディサプリEnglish』に関しては、以下の記事に詳しく書いている。当サイト限定のキャンペーンコードもあるので、興味のある人は是非試してほしい。

関連記事【人気No1英語アプリの評判と効果】スタディサプリEnglish(イングリッシュ)の体験レビュー

 

最後に

しっかりとした英語を話すなら、英単語や英文法ももう一度きちんと勉強をする必要あるのだけれど、それは一度横に置いておこう。

とにもかくにも日本人は会話力がないので、まずは話す・聴く力を鍛えることを優先しよう。

インプット、アウトプット双方をバランスよく来てる独学の英語勉強法は以下に書いているので、参考にしてもらいたい。

関連記事【英会話の独学】日本で英語ペラペラになる最強の勉強法とおすすめの本、優良アプリ